料理を味わうのは「味覚」or「視覚」、それとも・・・!?

近藤智美公式ブログ・料理を味わうのは「味覚」or「視覚」、それとも・・・!?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。

お料理を「おいしい!」と感じるのは、実は、味覚よりも視覚による影響のほうが大きいのです!!今日は、意外と知らない、料理と視覚の関係について書きます。

会席料理という芸術作品

会席料理を食べると、なんだかすごく満たされた気持ちになりませんか? 五感全部を使って味わうような充足感が感じられて、私はすごく幸せな気持ちになります。

日本料理の中でも、会席料理は「現代の芸術作品」だとして海外でも高く評価されています。

目で楽しむために、器にも季節を表し、桜の季節には、桜の花びらや、秋にはもみじの葉が飾られたりします。

お椀の蓋の裏側には美しい絵が描かれていて、蓋を開けただけで「わぁ!こんなところに!」と驚いたりして、食べる前から、心躍らせる工夫がたっぷりつまっています。

日本料理は、フランス料理に大きな影響を与えています。

「ヌーヴェル・キュイジーヌ(仏:nouvelle cuisine)」という言葉は、フランス語で「新しい料理」 を意味していて、1970年代に提唱されたフランス料理の新しい傾向です。

薄い味付けで、素材を大事にし、繊細に盛りつけ、量も減らし、器にも凝る手法です。そのヌーヴェル・キュイジーヌを実践した、ポール・ボキューズさんは、日本の吉兆など有名な会席料理を味わったときに、その盛りつけなどに着想を受け、現在のフランス料理になったとか。

彼のレストランは、この着想を得た頃から、ミシュランの3つ星を、40年間とり続けているそうです。

また、お寿司屋さんのにぎりには、セットの中に必ず入れるべき色があるそうです。5色あり、「白・赤・緑・黄・黒」だそうです。陰陽五行の五色ですね♪

食欲をそそる赤や橙色のほかに、料理全体を引き締める「黒」も重要な要素になりますね。真っ黒な器に盛りつけると、料理の色も映えます。

視覚がおいしさの記憶を呼び覚ます

日本料理はそれだけ「目」つまり「視覚」にポイントがあるのですね。そして、食べるまでの準備として重要な情報を「脳」にインプットしています。

実は、視覚の情報がなければ、約8割の食べ物の情報が失われたのと同じことになります。目を閉じて、「りんごだよ」って差し出された「じゃがいも」を食べると、「りんご」だと思うそうです。

私たちは、目で捉えた情報により、食べ物を認識→過去の食べ物の情報検索→予測→受け入れ準備→各種体内にて、ホルモン分泌や消化酵素の準備などのように、身体全体が、視覚情報からスタートし、受け入れ体勢を調えていくようにできています。

「わぁ!おいしそう!」と感じるのは、「以前においしかった」料理の自分に残っている記憶の情報検索と、今、目の前にある料理を比較し、その時のおいしさより上回るかを予測し、視覚によって得た美しさにより、「きっとおいしいはず!」と認知しているのです。

五感による知覚の割合は、視覚器官が83%、聴覚が11%、臭覚3.5%、触覚1.5%、なんと味覚は1.0%、なのです。

こうしてみると、人間の味覚というのは曖昧なものですね。

ヒトは見た目で、「色を食べている」

食事の満足度は、食空間70%、食卓25%、皿の料理5%といわれており、これはカラーコーディネイトの理想的な面積比と同じです。

理想的な面積比というのは、7:2:1の法則のことです。ファッションのコーディネイトもこの面積比にするとおしゃれに見えます。これはインテリアでも同じです。

見た目が楽しめるように、彩りも五色を意識してみたりすると、料理の腕がグンとあがったように感じてもらえそうです。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色と食べ物
タグ:

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

「似合う色」と「好きな色」が違う場合の対処法
「似合う色」と「好きな色」が違う場合の対処法

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 カラー診断の場での「あるある」なのですが、お客様が「こっちの色のほうが好き。でも、似合うのは違うんだ~」と言いながら、表情がどこ …

オリンピックの五輪のカラーに込められている思いとは?
オリンピックの五輪のカラーに込められている思いとは?

2020年は東京オリンピックですね! 東京オリンピックのロゴに関して色々な問題が報道されましたが、せっかく我が日本で開催するオリンピックです。無事に、盛大に、開催されることを願ってやみません。 ところで、オリンピックとい …

2016年の開運カラーを使って運を引き寄せましょう☆
2016年の開運カラーを使って運を引き寄せましょう☆

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今日から仕事はじめという方もいらっしゃるのでしょうか。 今日は新年はじめのブログですから、2016年の開運カラーからお伝えしていきます。 私はいつも李家幽竹さんの風水を参 …

アンチエイジングに効果的なカラーは?
アンチエイジングに効果的なカラーは?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 明日、「カラーでマイナス5歳若返る! アンチエイジング・カラーセミナー」を開催します。 なので、今日はすこしだけ中身をご紹介。アンチエイジングに効果的なカラーについてお話 …

新製品を世に出すためには、大胆なカラーパッケージ戦略で!
新製品を世に出すためには、大胆なカラーパッケージ戦略で!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 もうすぐ3月11日ですね。我が家でも非常袋の見直しをしました。使うことがなくてよかったことを感謝し、次への備えをします。「備え」 …

〇〇色で、日本一簡単なダイエット!
〇〇色で、日本一簡単なダイエット!

先日、ファスティングしたばかりの友達と久しぶりに会い、ランチをしました。私から見たら、ダイエットなんて必要はなさそうですが、本人は必要だと思っているらしく、ファスティングもうまくいって、すっきりした感じでした。 で、せっ …

どうして色が見えるのか
どうして色が見えるのか

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 色は当たり前のように、まわりにあります。どうして私たちの暮らしのいたるところにあるのでしょうか。 大脳新皮質(言語機能や分析的思考をつかさどる脳の部位)の活動は、その8割 …

色覚異常者の見えにくさではなく、見えやすさを利用する!
色覚異常者の見えにくさではなく、見えやすさを利用する!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 ユニバーサルデザインという言葉を聞いたことはありますか。ユニバーサルデザインというのは、文化・言語・国籍の違い、老若男女といった …

ボールの色だけで、どちらが重いボールかわかるかな?
ボールの色だけで、どちらが重いボールかわかるかな?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今朝起きたら、雪で真っ白でした。朝にはすでに雨にかわっていましたが、雪の中を歩くのがたいへんでした。 いつもよりも時間がかかったりして大変だった人もいるのではないでしょう …

自然そのものの「色」を楽しめる「おやさいクレヨン」
自然そのものの「色」を楽しめる「おやさいクレヨン」

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 私は文房具店などで画材をただ見たりするのが好きだったりします。いろいろな色のペンが並んでいたり、色鉛筆のセットとかを見たり、形は …