料理を味わうのは「味覚」or「視覚」、それとも・・・!?

近藤智美公式ブログ・料理を味わうのは「味覚」or「視覚」、それとも・・・!?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。

お料理を「おいしい!」と感じるのは、実は、味覚よりも視覚による影響のほうが大きいのです!!今日は、意外と知らない、料理と視覚の関係について書きます。

会席料理という芸術作品

会席料理を食べると、なんだかすごく満たされた気持ちになりませんか? 五感全部を使って味わうような充足感が感じられて、私はすごく幸せな気持ちになります。

日本料理の中でも、会席料理は「現代の芸術作品」だとして海外でも高く評価されています。

目で楽しむために、器にも季節を表し、桜の季節には、桜の花びらや、秋にはもみじの葉が飾られたりします。

お椀の蓋の裏側には美しい絵が描かれていて、蓋を開けただけで「わぁ!こんなところに!」と驚いたりして、食べる前から、心躍らせる工夫がたっぷりつまっています。

日本料理は、フランス料理に大きな影響を与えています。

「ヌーヴェル・キュイジーヌ(仏:nouvelle cuisine)」という言葉は、フランス語で「新しい料理」 を意味していて、1970年代に提唱されたフランス料理の新しい傾向です。

薄い味付けで、素材を大事にし、繊細に盛りつけ、量も減らし、器にも凝る手法です。そのヌーヴェル・キュイジーヌを実践した、ポール・ボキューズさんは、日本の吉兆など有名な会席料理を味わったときに、その盛りつけなどに着想を受け、現在のフランス料理になったとか。

彼のレストランは、この着想を得た頃から、ミシュランの3つ星を、40年間とり続けているそうです。

また、お寿司屋さんのにぎりには、セットの中に必ず入れるべき色があるそうです。5色あり、「白・赤・緑・黄・黒」だそうです。陰陽五行の五色ですね♪

食欲をそそる赤や橙色のほかに、料理全体を引き締める「黒」も重要な要素になりますね。真っ黒な器に盛りつけると、料理の色も映えます。

視覚がおいしさの記憶を呼び覚ます

日本料理はそれだけ「目」つまり「視覚」にポイントがあるのですね。そして、食べるまでの準備として重要な情報を「脳」にインプットしています。

実は、視覚の情報がなければ、約8割の食べ物の情報が失われたのと同じことになります。目を閉じて、「りんごだよ」って差し出された「じゃがいも」を食べると、「りんご」だと思うそうです。

私たちは、目で捉えた情報により、食べ物を認識→過去の食べ物の情報検索→予測→受け入れ準備→各種体内にて、ホルモン分泌や消化酵素の準備などのように、身体全体が、視覚情報からスタートし、受け入れ体勢を調えていくようにできています。

「わぁ!おいしそう!」と感じるのは、「以前においしかった」料理の自分に残っている記憶の情報検索と、今、目の前にある料理を比較し、その時のおいしさより上回るかを予測し、視覚によって得た美しさにより、「きっとおいしいはず!」と認知しているのです。

五感による知覚の割合は、視覚器官が83%、聴覚が11%、臭覚3.5%、触覚1.5%、なんと味覚は1.0%、なのです。

こうしてみると、人間の味覚というのは曖昧なものですね。

ヒトは見た目で、「色を食べている」

食事の満足度は、食空間70%、食卓25%、皿の料理5%といわれており、これはカラーコーディネイトの理想的な面積比と同じです。

理想的な面積比というのは、7:2:1の法則のことです。ファッションのコーディネイトもこの面積比にするとおしゃれに見えます。これはインテリアでも同じです。

見た目が楽しめるように、彩りも五色を意識してみたりすると、料理の腕がグンとあがったように感じてもらえそうです。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色と食べ物
タグ:

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

色と関わる、イコール、心と関わる、ということ♪
色と関わる、イコール、心と関わる、ということ♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 先日のプチ癒しフェスタの続きです。 プチ癒しフェスタの後にいろんなことが起きて、まったくブログが書けなくなりました。「起きたこと …

十人十色=ひとりひとりのカラーは違う
十人十色=ひとりひとりのカラーは違う

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 「色」に関することなら何でもお任せください!というのが、カラーリストとしての「ウリ」ですが、「十人十色」なんていう言葉を、昔の人はよく考えたものだなぁなんて、いつ聞いても …

セミナー報告 キラキラ度は外見と内面の両方からにじみでる!
セミナー報告 キラキラ度は外見と内面の両方からにじみでる!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 7月16日に「似合うピンクで私を演出! キラキラ度アップセミナー」を開催しました。美色コーディネイト講座の一日体験講座としての開 …

コンセプトは「色から、モノを好きになる」!
コンセプトは「色から、モノを好きになる」!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 いま、ルミネ有楽町に、「色」で提案のセレクトショップ「IROZA」POP-UPストアが期間限定でオープンしています。 「IROZA」のコンセプトは、「色から、モノを好きに …

クリスマスカラーといえば「赤」と「緑」お花は・・・
クリスマスカラーといえば「赤」と「緑」お花は・・・

ポインセチアはクリスマスを代表するお花ですね。お花屋さんの店頭はポインセチアがたくさん置かれ、クリスマス気分を華やかに盛り上げてくれています。 ポインセチアの赤い部分は、花ではなくて葉です。真っ赤できれいですよね。花弁に …

2015年秋の流行色はもう知ってる?カラーリストのコーデ術
2015年秋の流行色はもう知ってる?カラーリストのコーデ術

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 10月に入り、すっかり秋の空になってきましたね。 肌寒い日も増えてきました。 秋には秋の色があります。 自然界は少しずつ冬に向けての準備をはじめます。 毎朝、公園の中を歩 …

ベースカラー診断とパーソナルカラー診断の違いとは?
ベースカラー診断とパーソナルカラー診断の違いとは?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 カラー診断をすると、必ず「あっ、この色お似合いですねぇ」と伝えたくなる色に出会います。お客様に覚えてもらいたいのもあって、写真を …

レモンイエローのラッキーカラーを取り入れるには?
レモンイエローのラッキーカラーを取り入れるには?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 2016年ラッキーカラーのひとつでもあるレモンイエローを、自分のファッションに取り入れるにはどうしたらいいかなぁって、あれこれ考えてみました。 ビタミンカラーのレモンイエ …

カラーチャートと手袋を一緒にする → 成熟具合がすぐわかる!
カラーチャートと手袋を一緒にする → 成熟具合がすぐわかる!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 めっきり寒くなってきました。今年の夏は台風の被害などがありお野菜高騰のニュースを聞くことが多いですね。 お店でお野菜や果物を買う …

カラーを伝えるツールがまたひとつ増えました♪
カラーを伝えるツールがまたひとつ増えました♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 自営をしている方々は、ご自分の名刺以外にも、いろいろとツールをもっていらっしゃいます。 わたしも、「カラーのことをやろう!」と思 …