ニュートンは万有引力だけでなく「光」「色」も研究していた!!

近藤智美公式ブログ・ニュートンは万有引力だけでなく「光」「色」も研究していた!!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。

今日はニュートンについて。

ニュートン!?って感じでしょうが、色彩のことを学ぼうとすると、絶対に出てくる名前なのですよ。

ニュートンは、300年ほど前に活躍した科学者です(1642-1727)。26歳でケンブリッジ大学の教授になり、若くしてイギリスを代表する科学者となりました。

ニュートンといえば「万有引力の法則」で有名ですよね。「すべての物体はたがいに引き合っている」というのを、ニュートンは、りんごが木から落ちるのを見て発見したといわれています。りんごから法則が出てくるなんてすごいと思いますが、ニュートンは、このような力学の発見だけでなく、光学や数学でも重要な発見をいくつもしているのです。

たとえば、虹の色の数を「7色」と言ったのは、ニュートンなのです。

ニュートンの色に関する著書として1704年の「光学(オプティクス)」が有名ですが、それにいたるまでに、1672年論文において、「光が屈折能の異なる多数の光線の集合である」ことを実験によって明らかにしたと主張した後、この多様性が最も顕著にあらわれる現象として色を取り上げ、屈折能に関する研究結果をよりどころにした色彩論を展開しました。このとき、まだ29歳という若さでした。

ニュートンは、1670~1672年の光学講義において、スペクトルは5色(赤、黄、緑、青、菫)で、まだ7色ではありませんでした。次の1672年論文では5色(赤、黄、緑、青、菫紫)プラス2色(橙と藍)となり、1675年論文では、補助的な扱いをしていた2つの色が格上げされて、7色(赤、橙、黄、緑、青、藍、菫)となっています。そして、その7色のあいだにも、「はっきりしない無数の中間的階調がある」と、色が無数にあることを文章にしています。

すごい観察能力です。こういうところが「実験家としての天才」といわれるところなのでしょう。実験のやり方も詳細に光学には書かれています。実験して、その測定結果を得るのにも、自分の目に頼るのでなく、自分の予想している結果を知らない、自分よりも色の識別能力が高いと思われる友人に頼んでいるほどです。実験結果に対する検証も忘れていない姿勢がすごすぎます。

また、「7色」としたのは、当時、音楽とその調和(ハーモニー)の理論がさまざまな自然界の秩序を反映しているという考え方が広く行われていたらしいのです。

「光学」では、ガラスプリズムで作った太陽光のスペクトルを7色に分けたとき、各色の境界の位置が、音楽理論における、振動数比で計った各音階ソ、ファ、ミ、ラ、ソ、ファ、ラ、ソ(現代のドレミでは、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド、レに対応する)の7つの感覚と一致するという測定結果を得ていたのです。

ニュートンは、1672年論文のなかで、「最も驚異的で不思議な合成」だとして「1種類の光線だけで白をつくれる光線はない」とまとめています。実はニュートン自身は、虹の色が無数にあることを知っていたということです。 また、水滴により太陽光が屈折して虹が着色する現象も説明しています。

色彩の世界に、はじめて色度図の概念を導入したのもニュートンです。それは、現代の色度図がもつ性質を原理的にはすべて備えていて、ニュートンの円とか、ニュートンの色円盤と呼ばれるようになり、それは著書オプティクスで初めて公表しました。そのときに、赤色端と菫色端を一致させる根拠に、太陽のスペクトルを7色に分けたとき、その両端を含む8つの色の境界が、音楽の1オクターブをドリア旋法にしたがって8つの音程に分けたときのそれぞれに対する正規化振動数と一致するという測定結果を挙げています。

それも、この実験結果は、オプティクスを発行する30年前には公表していました。しかし、当時、光の波動説をとる人たちからニュートンは激しい批判を浴びたため、その反論をし続けるのでなく、いちばん激しく批判した人の死後、著書オプティクスを世の中に出したのです。

ちなみに、教授としてのニュートンの講義は当時の学生たちに人気があったかどうかというと・・・・。1670~1672年の彼の講義は学生にとっては理解しがたく、出席率も悪かったそうです。講義室に聴講者が誰も来なくて、ニュートン自身も帰宅してしまうようなこともたびたびあったそうです。

当時の状況としては、あまりにニュートンが先をいっていたというか、ニュートンの頭の中も、理解者を見つけるというよりは、自分の研究の先を進めることが優先だったのかもしれませんね。

現代の色度図が多くの人々の手を経て作られるようになったのは、オプティクス発刊からおよそ200年後でした。300年後のいまでも、ニュートンの光学という著書は、科学者や科学者を目指す人が読むべき本として、世界中で愛読されていますから、彼の先見の明というのは、ものすごい話なのですね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色の豆知識
タグ:, , , ,

今なら、半額で受けられます!

今なら、半額で受けられます! 当ホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。
只今、「マジカルベースカラー診断」、「センセーションカラーセラピー」、「マジカルパーソナルカラー診断」3つのサービスともに、通常の半額にてお受け頂けます。今すぐこのプレゼントをお受け取りください!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

映画のキャラクターの個性=「カラー」で色づけ!
映画のキャラクターの個性=「カラー」で色づけ!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 みなさんは映画はお好きでしょうか。5月13日より公開される『ヘイル、シーザー!』のゴージャスなポスターが目に付いたので、ご紹介い …

「もう」と「まだ」で年齢差がはっきり開くことが判明!
「もう」と「まだ」で年齢差がはっきり開くことが判明!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今日は驚きのリリースを見つけたので、みなさまにさっそくご報告をします。 女性の肌を研究しているある会社が、自分の年齢をどう受け止めているかという「年齢意識」に注目した調査 …

ボールの色だけで、どちらが重いボールかわかるかな?
ボールの色だけで、どちらが重いボールかわかるかな?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今朝起きたら、雪で真っ白でした。朝にはすでに雨にかわっていましたが、雪の中を歩くのがたいへんでした。 いつもよりも時間がかかったりして大変だった人もいるのではないでしょう …

東京ヒーリングマーケットでプレゼントGETしてくださいね☆
東京ヒーリングマーケットでプレゼントGETしてくださいね☆

  こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 師走の12月がやってまいります。クリスマスとか何かと楽しい企画も多いかと思いますが、12月のイベントのご紹介をいたします。 12月の最初の日曜日である6日は …

新製品を世に出すためには、大胆なカラーパッケージ戦略で!
新製品を世に出すためには、大胆なカラーパッケージ戦略で!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 もうすぐ3月11日ですね。我が家でも非常袋の見直しをしました。使うことがなくてよかったことを感謝し、次への備えをします。「備え」 …

色って正直にココロをあらわします!
色って正直にココロをあらわします!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 5日(日)は、第9回東京ヒーリングマーケットに出展しておりました。 東京ヒーリングマーケットは、3ヶ月に1回、東京の水道橋で開催 …

好きな「色」を増やして、ココロもしなやかに!
好きな「色」を増やして、ココロもしなやかに!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 今日で3月も終わりです。えーーーって感じの早さです。 最近はやりたいことが多くて、一日が短く感じる日がとっても多いです。 みなさ …

「ピンクの波長」が「女性のキレイ」を刺激する
「ピンクの波長」が「女性のキレイ」を刺激する

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 日に日にあたたかくなってきて、桜も咲き始め、春らしい光景をあちこちで見掛けるようになりました。装いも、ピンク色のお洋服や靴、バッ …

「今日は何色?」 色をテーマにした企業CM
「今日は何色?」 色をテーマにした企業CM

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 今日は企業CMのご紹介をさせてくださいね。印刷インキや有機顔料などの世界トップ企業であるDIC株式会社は、10月の初めころから女 …

クリスマスツリーの色ってどんな意味があるのかな?
クリスマスツリーの色ってどんな意味があるのかな?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 この時期、どこに出かけてもクリスマスツリーだらけです。大きいものから小さいものまで、どれもステキでかわいいですね。見てるだけで楽しくなります。 クリスマスを英語で書くと「 …