CLEで「カラー」を学ぶと「あか抜ける」のはなぜ!?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。

今日は、CLE協会でカラーを学ぶとどうなるのか、についてお話しますね。結論を先に言うと、その人の魅力がぐんぐん出てきて、オーラが出てきて、Happyになります。外見だけでなく、内面も同様に変化してきます。

なぜ、このような変化が起きるのでしょうか。

今回は私自身の話でたいへん恐縮ではありますが、先日のイベント、東京ヒーリングマーケットでのエピソードをもとに、CLE協会でカラーを学ぶとどうなるのか、についてご紹介いたします。

出展者がたくさんいらっしゃるので、これまでは直接お話したことはなかった方はいっぱいいます。そのおひとりの、川崎ナナエさん。ナナエさんのメニューには、「カラーリーディングセラピー」という、「色」に関するものもあります。
川崎ななえさんのブログはこちら→愛され美人になる魔法

先日のイベントで何度か顔をあわせている方と話しているとき、ナナエさんもとなりにいて、そして、「何か変わられましたよね~」と私に声を掛けてくださったのです。

そのときは、それ以上話せず、イベント終了後、Facebook友達になって、そんなふうに言っていただいたことをうれしく感じたことを伝えたところ、
「何度かご一緒させて頂いていましたが、先日は以前よりすごくあか抜けたというか、綺麗になって、表情も豊かになった様に感じましたよ。きっと何かあったのですね~」
とのメッセージが!!きゃ~!ちょっと恥ずかしいです。

人に「自分の変化を気付いてもらえる」のって、うれしいものです。それに、ナナエさんも「色」に対する意識は高いでしょうから、そんな方に言ってもらえるなんて感激です。

そして、なんとか客観的にこの事実をどう受け止めたらいいかなぁと思ったのですが、この変化は、「CLE協会でカラーを学んだから」と断言できます。

その前の私は、イエローベースで診断されていたし、自分自身もイエローベースと信じて疑わなかったので、オレンジのチークをつけるたびに、「今日の化粧、濃くない?」と言われ、「え、、、ちょっとしか塗ってないのに、なんで?」と思ったり、大好きなキャメルのセーターを着るたびに、なぜだかおかしいと思うのだけれど、きっと私の体型が悪いからだと思ったり、なんだか自分自身に対して、いつも「?」がついてまわるような日々を送っていました。

それが・・・。ブルーベースだと判明し、どうして自分がブルーベースなのかと突き詰めていき、今までイエローベースの服に囲まれていたところから、髪の毛を黒くしてみたり、アイラインを入れて目力アップさせる術をトライしたり、チークもオレンジ色からローズ色に変え、大好きなブラウンの洋服を着るのはやめ、ブルーベースの色の洋服を少しずつ取り入れ、・・・と、いろいろトライしてきました。

と同時に、CLE協会で勉強して、ベースカラー診断士、カラーコンシェルジュ、カラーアナリストの資格をとり、インストラクターの資格まで取りました。学習が進むにつれ、「カラーは人類学」であることも少しずつ深まってきました。

その方には、私のこのプロセスを気付いていただけたのだなぁと思うのです。

CLE協会会長の高田裕子先生も、
「本人が、まずは自覚し、その後、自分の眼で選び、自分の手で掴み取り、自分の意思で取り入れ、自分の外見を、自分の力で、最大限に輝かせ、他人から、(診断士以外の人)いいね~、素敵だね~、と褒めを受け取り、他人に言われて、初めて納得ができていくもの、なんです。本人が納得しない限り、パーソナルカラーが終わらないのです。だから、診断士以外の、他人の力も必要なんです。このプロセスを作って差し上げることに、わたしたちの存在意義があると考えています。」
と、常日頃からおっしゃっていて、私も自分のプロセスをとおして実感してきたことなのです。

専属のスタイリストがつくのではなく、「自分で色を選ぶ力」の育成なのですよね。失敗もありますよ~。でも、その失敗が財産になりつつあります。トライすることがドキドキからワクワクへと変わってくるのです。

この育成プロセスは、資格をとらなくても、CLEの美色コーディネイト講座初級と中級で、なんとオケイコ感覚で学べてしまうのです!!「色」に関することを8単元で、さまざまな角度から学びながら、自分に「カラー」を取り込んでいけるのです。

それも、むっちゃ楽しい♪ 「色っておもしろい!」がわかってしまう講座です。

近藤智美公式ブログ・CLEで「カラー」を学ぶと「あか抜ける」のはなぜ!?

ここで、色を楽しんだ結果をあらわす証拠写真のご紹介。いっしょにインストラクターの資格をとった、同期生の集合写真です。それぞれが自分のもつ魅力をぞんぶんに発揮しています。わたしのまわりのCLEの人たちはとっても美しい方ばかり♪

こんなふうに、楽しく色を取り入れていけますよ。その結果、私が言われたように、「あか抜ける」のです。本来のあなたがもともともっている美しさがニョキニョキッと顔を出すのです。

自分に対して、楽しみが増えてくるなんて、うれしいですよね♪ こんなプロセス、いっしょに育んでいきませんか? 美色コーディネイト講座初級、募集中です。

近藤智美公式ブログ・CLEで「カラー」を学ぶと「あか抜ける」のはなぜ!?02


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: CLE, マジカルカラーリスト, マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色とからだ
タグ:, ,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

ベースカラー診断とパーソナルカラー診断の違いとは?
ベースカラー診断とパーソナルカラー診断の違いとは?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 カラー診断をすると、必ず「あっ、この色お似合いですねぇ」と伝えたくなる色に出会います。お客様に覚えてもらいたいのもあって、写真を …

初の横浜ヒーリングマーケットへの出展、楽しませていただきました!
初の横浜ヒーリングマーケットへの出展、楽しませていただきました!

昨日の11月1日(日)は横浜ヒーリングマーケットでした。 あーーー、でも、時計みたら、このブログを書きはじめたときには3日になってしまっていましたが・・・。 初の横浜での出展ということで、ドキドキでしたが、少しずつ打ち解 …

パーソナルカラーアナリスト養成講座終了しました!
パーソナルカラーアナリスト養成講座終了しました!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 2月9日から12日までの4日間、インストラクター向けのパーソナルカラーアナリスト養成講座を受講しました。あいだの祝日もお休みをと …

11月のカラーイベントももりだくさん♪
11月のカラーイベントももりだくさん♪

マジカルカラーリスト近藤智美です。 すっかり秋めいた今日この頃、先日の3連休のうち、12日は「超高感度アップ!整顔&カラー診断」を開催いたしました。 おかげさまで、参加してくださったみなさまのお顔の血色がよくなり、さらに …

クリスマスカラーのベースはブルーorイエロー?
クリスマスカラーのベースはブルーorイエロー?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 12月に入り、いっそうお店などではクリスマス色が強くなってきた感じがします。いたるところにあるツリー、サンタさん、赤、緑、赤、緑・・・。自分にサンタさんがきてくれるわけで …

あたたかくなると、カラー診断思わずしたくなる!?
あたたかくなると、カラー診断思わずしたくなる!?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 本日はバレンタインデーでしたね。みなさんはチョコレートをプレゼントしましたか? 私はたくさんあげて、たくさんいただきました。とい …

「CLEビューティフェスタ in 東京 2015」のお知らせ
「CLEビューティフェスタ in 東京 2015」のお知らせ

私はCLE(NPO法人 色彩生涯教育協会)に所属しています。 ここでベースカラー診断士、カラーアナリストの養成講座を学び、今、活動しております。 このCLE東京支部では毎年1回、ビューティフェスタを開催しています。 &n …

14日CLEビューティフェスタ、終了!そしてはじまり・・・。
14日CLEビューティフェスタ、終了!そしてはじまり・・・。

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 11月14日はCLEビューティフェスタでした。↑の写真は会場を片付けて、だだっぴろくなったところでスタッフによる記念撮影の様子です。 朝早くから会場つくって、お客様お迎え …

カラーチャートと手袋を一緒にする → 成熟具合がすぐわかる!
カラーチャートと手袋を一緒にする → 成熟具合がすぐわかる!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 めっきり寒くなってきました。今年の夏は台風の被害などがありお野菜高騰のニュースを聞くことが多いですね。 お店でお野菜や果物を買う …

「青い食べもの」。あなたは食べますか?
「青い食べもの」。あなたは食べますか?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 『週刊朝日9月23日号』(朝日新聞出版発行)に、「青ざめるほど幻想的 青い食べもの」との大きな見出しで青い食べ物が特集されていま …