「君は天然色」作詞家の色にまつわるエピソードとは・・・

近藤智美公式ブログ・「君は天然色」作詞にまつわる色のエピソード

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。

今日は色にまつわる、あるエピソードをご紹介します。ちょっと切ない気持ちになりますが・・・。

人というのは、体験したことが「色」とともに記憶されています。

カラーセラピーをしていても、誰もがもつその色に対する共通の認識とは別に、その色に対しての「個人の体験」があります。

時に、その「体験」は、共通にもつ認識以上に、「その色に対する想い」を強めることがあります。

たとえば、「赤」という色は、「火、情熱、生命、エネルギー」といったもののイメージがあります。これは共通する認識です。私の場合ですが、赤い色からは、小学校のときの赤いスカートを思い出します。時々しかはけなかったけれど、そのスカートをはいたときは、自分がいつもと違う、「女の子」らしい自分がいた記憶。赤をみると、スカートをすぐに連想してしまうところがあります。

記憶というのは、うれしいこと、楽しいこと、いやな思いをしたこと、悲しい思いをしたこと、など感情はさまざまですよね。

作詞家 松本隆さんの色にまつわるエピソード

松本隆さんという作詞家をご存じでしょうか。すっごくたくさんの歌手の作詞をして、ヒット曲もたくさん出していらっしゃいます。

高校生の頃、文学青年である自分と、ロック好きの自分は交わることがないと思っていた松本隆さんに、細野晴臣さんがひとこと、「松本、詞を書いたほうがいいんじゃない?」と言って、作詞家・松本隆が誕生したそうです。

その細野晴臣さん、大瀧詠一さん、鈴木茂さんとで「はっぴいえんど」を結成していました。1973年に解散後、ソロ活動に入っていました。

そんななか、「君は天然色」(きみはてんねんしょく)という曲が、1981年3月に大滝詠一さんの通算7作目のシングルとして発売されました。松本隆さんが作詞です。

実は、この曲の作詞ができるまで、松本隆さんは作詞ができなくなってしまった状態というのがあります。

妹さんを心臓病で亡くした松本隆さんは、「妹が亡くなって世界がモノクロになって・・・」しまったそうです。色が感じられなくなってしまったのです。

人はあまりに哀しいことが起こると、色がなくなるのです。

私はほかにも、ショックな出来事のあと、色を感じられなくなったという話を別の2人から聞いたことがあります。私にはそれほどの体験はありませんが、カラーリストである以上、そういうことが起こるのだというのを知っていないといけない、と思うようになりました。松本隆さんの話を聞いたのも、ご縁なんだろうなと思っています。

話は松本隆さんのことに戻しますね。

そして、あるとき、美しい人をみて、その女性に色を感じたそうです。それが、「君は天然色」の作詞をするきっかけになったというエピソードがあります。

歌詞の中に出てくる「モノクローム」というのは、この妹さんを失った松本隆さん自身の心だったのかもしれません。

大瀧詠一さんのアルバム「A LONG VACATION」は10曲中9曲が松本隆さん作詞です。アルバムタイトルの「A LONG VACATION」とは、松本隆さんが妹を亡くしたショックで仕事が出来なくなっていた、その期間のことです。

このアルバムは、1980年7月に発売予定だったのですが、1981年3月に時期がずれました。アルバムの発売日が決定し、制作にとりかかろうとした直後、松本隆さんの妹さんが心臓の病に倒れます。

松本隆さんは大滝詠一さんに、ほかの作詞家でアルバムを作ることを薦めたそうです。でも、大瀧詠一さんはどうしても松本隆さんの作詞がいいから、気長に待つと言ったそうです。大瀧詠一さんはそれくらい松本さんの作詞に惚れ込んでいらっしゃったそうです。

妹さんはその数日後に息を引き取ってしまいます。

このアルバムは、松本隆さんのためのアルバムだったのだということなのでしょうね。大滝詠一さんの愛も詰まっていますね。

せつない思いが歌詞にいっぱいつまった曲になっています。

歌詞をご紹介して終わりにしますね。

「君は天然色」

歌:大滝詠一 作詞:松本隆 作曲:大瀧詠一

くちびるつんと尖らせて
何かたくらむ表情は
別れの気配をポケットに匿していたから
机の端のポラロイド
写真に話しかけてたら
過ぎ去った過去 しゃくだけど今より眩しい


想い出はモノクローム 色を点けてくれ
もう一度そばに来て はなやいで
美しの Color Girl

夜明けまで長電話して
受話器持つ手がしびれたね
耳もとに触れたささやきは今も忘れない

(※繰り返し)

開いた雑誌を顔に乗せ
一人うとうと眠るのさ
今夢まくらに 君と会うトキメキを願う
渚を滑るディンギーで
手を振る君の小指から
流れ出す虹の幻で 空を染めてくれ

(※繰り返し)


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色とからだ
タグ:,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

「見ると観る」、「聞くと聴く」を使い分けるカラー診断♪
「見ると観る」、「聞くと聴く」を使い分けるカラー診断♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 私はカラーの仕事をさせていただくとき、お客様のことを客観的にみることを心がけています。 どうしても、自分のことに対しては、客観的 …

鮮やかな色で、楽しく明るくお盆を祝う国は・・・?
鮮やかな色で、楽しく明るくお盆を祝う国は・・・?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 色に対する感覚というのは、個人個人の体験によって千差万別ですが、大きくわけると国によっても違うものです。国民性が大きく関係があるようですが、その国の歴史的背景だけでなく、 …

クリスマスカラーといえば「赤」と「緑」お花は・・・
クリスマスカラーといえば「赤」と「緑」お花は・・・

ポインセチアはクリスマスを代表するお花ですね。お花屋さんの店頭はポインセチアがたくさん置かれ、クリスマス気分を華やかに盛り上げてくれています。 ポインセチアの赤い部分は、花ではなくて葉です。真っ赤できれいですよね。花弁に …

緑と青のあいだを、ベースカラー別にわけてみよう♪
緑と青のあいだを、ベースカラー別にわけてみよう♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 昨日のブログでターコイズのお話をしました。 今日は、色にとっても興味がある人向け、それも、イエローベース、ブルーベースをもっとも …

オータムの「赤」とウインターの「赤」を見分けられますか?
オータムの「赤」とウインターの「赤」を見分けられますか?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 色には三属性があります。それは、「色相」「明度」「彩度」というものです。「色相」とは、赤、橙、黄、緑、青、紫といった色みのことを …

2015年秋の流行色はもう知ってる?カラーリストのコーデ術
2015年秋の流行色はもう知ってる?カラーリストのコーデ術

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 10月に入り、すっかり秋の空になってきましたね。 肌寒い日も増えてきました。 秋には秋の色があります。 自然界は少しずつ冬に向けての準備をはじめます。 毎朝、公園の中を歩 …

「新しい色」や「初めての色」をトライするのはどんな体験ですか?
「新しい色」や「初めての色」をトライするのはどんな体験ですか?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 2016年1月もすでに半分終わりましたね。毎日がとても早く過ぎていきます。 今日は23日に開催する「カラーでマイナス5歳若返る! アンチエイジング・カラーセミナー」の打ち …

初の横浜ヒーリングマーケットへの出展、楽しませていただきました!
初の横浜ヒーリングマーケットへの出展、楽しませていただきました!

昨日の11月1日(日)は横浜ヒーリングマーケットでした。 あーーー、でも、時計みたら、このブログを書きはじめたときには3日になってしまっていましたが・・・。 初の横浜での出展ということで、ドキドキでしたが、少しずつ打ち解 …

カラーセラピー養成講座、はじめます♪
カラーセラピー養成講座、はじめます♪

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 ここのところ、ブログの更新がままなりません。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のインストラクター資格の取得をし、さらに、色についてお力になれる自分になるために、いろ …

言霊、音霊、そして形霊。じゃあ、色霊も♪
言霊、音霊、そして形霊。じゃあ、色霊も♪

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 私は色のもつパワーを知れば知るほど、どんどん色のことが好きになってきていますが、編集の仕事も長くやっていたので、言葉のもつ魅力も、伝えていけたらいいなと思います。ふだん話 …