パーソナルカラーは、実は理論的なのです!

近藤智美公式ブログ・パーソナルカラーは、実は理論的なのです!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。

パーソナルカラー診断は、目の前のお客様をみて、適当に「あなたはスプリングですね」と言っているわけではありません。

パーソナルカラー診断では、私たちが「テストドレープ」と呼んでいるドレープをお客様にあてて診断しています。

最初にあてるのは、お顔の血色に近い色、ピンクから。少しずつ違う色みのピンクが4種類あります。

ほかには、赤、黄、緑、青、ベージュ、ブラウン、白があります。それぞれに4シーズンごとありますから、4シーズン×8種類で、合計32枚のドレープをあてることになります。

これらをお顔に近いところにあてることによって、スプリング、サマー、オータム、ウインターの4つのシーズンに分けています。

ところで、今日はこのドレープの色について。

「色」というと、感覚やセンスが重要視されているように思われがちなのですが、CLE協会のパーソナルカラー診断に使うドレープは、感覚というよりもずいぶん理論的に揃えられているのです。

先日受講した講座で、その実感がより確かになったのですが、理論的だからこそ理由がありますし,だからこそCLEでの診断をおすすめできるなぁと思います。

診断する私たちが、目の前のお客様に寄り添って、診断を間違えないようにすること。これはプロとしてお客様の前に立つ以上、当たり前ではありますが、ひとりひとりタイプが違います。簡単には診断できないような方もいらっしゃるのです。

でも、CLE協会で使用しているテストドレープには、秘密があります。

協会の高田会長が、みずから「(CLEのなかでは)私がいちばん診断実績がある。今も診断をし続けている」なかで、常にテストドレープの研究をし続けてくださっています。研究して、立証して、の繰り返しにより、テストドレープは進化をし続けているのです。

なぜなら、それこそが、お客様が鏡の向こうにいる自分と向き合いながら、診断結果を納得していただけるようにするための工夫なのです。

高田会長は、診断ジプシーになってしまうような方は、診断の結果が納得いかないわけだけれど、もしかしたら、「ドレープに使っている布の色」が理由のひとつだったかもしれない、とまでおっしゃっていました。

私たちの目というのはとても優秀で、ちょっとした微妙な違いを感じ取れるのです。だから、逆に言えば、どんな色を使うかということは、大問題なのです♪ だからこそ診断結果には納得が必要です。

もちろん診断したらすぐに使いこなせる、というものでもありません。学びながら、ときには失敗したり、ときには誉められたりして、少しずつ自分のものとして使えるようにしていくものです。

そういう意味では、一足飛びではいかなくて勉強と同じですよね。

ドレープに込められた工夫を少しだけ紹介すると、ドレープをあてていく順番も考えられているのです。

淡い色から順に、だんだん鮮やかな色へと変わっていきます。最初に強い色のドレープを当ててしまうと、その印象が残ってしまって、ほかの色のドレープをあてたときに、そのドレープの色での印象が感じられなくなってしまうのを避けるためだったりします。

ほかにも、色みによっては、あるシーズンの人が得意であったりする色みがあります。得意であるがゆえに、すべてのシーズンで似合ってしまう、というのを避けるための工夫もあるのです。

どのシーズンも似合うというのはうれしいことでもあるのですが、お仕事でどんなものでも着こなせないといけないモデルさんや女優さんでもないかぎり、自分にいちばん似合う色がわかるほうがうれしいのではないでしょうか。

ドレープの工夫というのは、専門家が知っていればいいような内容でもありますのでこれくらいにしておきますね。お伝えしたいのは、みなさんが思われている以上に、理論的に色のことを考えているということなのです。

この色の仕組みがわかっているおかげで、落ち着いて診断ができますし、何よりお客様の疑問に対して丁寧なご説明をすることができます。結果的に、お客様はその診断に納得がいくのです。

パーソナルカラーアナリストは「カウンセラー」と同じです。お客様に寄り添い、お客様が自分の魅力をどんなふうに色を使って引き出していくかを、カウンセリングできないようでは、「色のおせっかいおばさん」になってしまいます。

スタイリストさんはセンスもあってどんな洋服のコーディネートも上手です。でも、季節がかわったら、次にどんなコーディネートをしたらいいのか不安になって、ショッピング同行をしてもらいたくなりませんか?

その人が自分で色を使いこなせるようなカラーアナリストでありたいのです。

どうか安心して、パーソナルカラー診断を受けてくださいね♪

近藤智美公式ブログ・キレイになろう!という意識が高まった


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: パーソナルカラー診断, マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ
タグ:,

今なら、半額で受けられます!

今なら、半額で受けられます! 当ホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。
只今、「マジカルベースカラー診断」、「センセーションカラーセラピー」、「マジカルパーソナルカラー診断」3つのサービスともに、通常の半額にてお受け頂けます。今すぐこのプレゼントをお受け取りください!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

「今日は何色?」 色をテーマにした企業CM
「今日は何色?」 色をテーマにした企業CM

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 今日は企業CMのご紹介をさせてくださいね。印刷インキや有機顔料などの世界トップ企業であるDIC株式会社は、10月の初めころから女 …

14日CLEビューティフェスタ、終了!そしてはじまり・・・。
14日CLEビューティフェスタ、終了!そしてはじまり・・・。

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 11月14日はCLEビューティフェスタでした。↑の写真は会場を片付けて、だだっぴろくなったところでスタッフによる記念撮影の様子です。 朝早くから会場つくって、お客様お迎え …

印象が「こわく」なっているのは「色」のせいだった
印象が「こわく」なっているのは「色」のせいだった

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 先日、パーソナルカラー診断をさせていただきましたMUさま。 「お洋服を選ぶのにも難しい歳になってきました」とおっしゃいます。お店 …

色とりどりのおせち料理の由来といわれ
色とりどりのおせち料理の由来といわれ

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 お正月にはおせち料理ですね。食べるのが大好きなので、ついつい食べ物の話になってしまいます。 今日はおせち料理の由来からお話ししていきます。 おせち料理の起源は古く、弥生時 …

「クイック」カラー診断と「じっくり」カラー診断の使い分け
「クイック」カラー診断と「じっくり」カラー診断の使い分け

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 あなたはどんなときにカラー診断を受けてみたいなぁとお思いになるでしょうか。 カラー診断といっても、いろいろなところの診断方法があ …

「彩る」とは何を色取っているという意味なのだろうか?
「彩る」とは何を色取っているという意味なのだろうか?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 色のことを表す言葉はたくさんありますが、そのなかでも、私は「彩り」という言葉が好きです。 「彩り」と書いて、「いろどり」。 まさに、「色どり」ですよね。 「彩」という字を …

「レトロ」という言葉から思い浮かぶカラーは何ですか?
「レトロ」という言葉から思い浮かぶカラーは何ですか?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 先日、荒町整体荒町英明さんと奥様でヨガのインストラクターをしている荒町幸代さん、そしてミチハウス代表の内藤明子さんコラボによる「1day 大地とつながるウォーキング瞑想  …

みずからの一歩が、ワンランクアップにつながる♪
みずからの一歩が、ワンランクアップにつながる♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 GW最初の4月29日に、「わたしのベーシックがワンランクアップする会」を開催いたしました。 ご参加いただく方の年齢層や参加する理 …

文化の日だから考えよう。「淡紫色」の意味
文化の日だから考えよう。「淡紫色」の意味

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 ハロウィンが終わって、11月に入り、なんだか一気に「年末まで2ヶ月!」というのがクローズアップされているように感じます。 今日は雨も降り、すごく寒い一日でしたね。 「文化 …

「ハート」形の成り立ちについて聞いたことがありますか?
「ハート」形の成り立ちについて聞いたことがありますか?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 最近、ある人の話から、ものの形というのも、意味があって、その形となるべくしてなるのだなぁと思って感心したことがあります。 そのひ …