パーソナルカラーは、実は理論的なのです!

近藤智美公式ブログ・パーソナルカラーは、実は理論的なのです!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。

パーソナルカラー診断は、目の前のお客様をみて、適当に「あなたはスプリングですね」と言っているわけではありません。

パーソナルカラー診断では、私たちが「テストドレープ」と呼んでいるドレープをお客様にあてて診断しています。

最初にあてるのは、お顔の血色に近い色、ピンクから。少しずつ違う色みのピンクが4種類あります。

ほかには、赤、黄、緑、青、ベージュ、ブラウン、白があります。それぞれに4シーズンごとありますから、4シーズン×8種類で、合計32枚のドレープをあてることになります。

これらをお顔に近いところにあてることによって、スプリング、サマー、オータム、ウインターの4つのシーズンに分けています。

ところで、今日はこのドレープの色について。

「色」というと、感覚やセンスが重要視されているように思われがちなのですが、CLE協会のパーソナルカラー診断に使うドレープは、感覚というよりもずいぶん理論的に揃えられているのです。

先日受講した講座で、その実感がより確かになったのですが、理論的だからこそ理由がありますし,だからこそCLEでの診断をおすすめできるなぁと思います。

診断する私たちが、目の前のお客様に寄り添って、診断を間違えないようにすること。これはプロとしてお客様の前に立つ以上、当たり前ではありますが、ひとりひとりタイプが違います。簡単には診断できないような方もいらっしゃるのです。

でも、CLE協会で使用しているテストドレープには、秘密があります。

協会の高田会長が、みずから「(CLEのなかでは)私がいちばん診断実績がある。今も診断をし続けている」なかで、常にテストドレープの研究をし続けてくださっています。研究して、立証して、の繰り返しにより、テストドレープは進化をし続けているのです。

なぜなら、それこそが、お客様が鏡の向こうにいる自分と向き合いながら、診断結果を納得していただけるようにするための工夫なのです。

高田会長は、診断ジプシーになってしまうような方は、診断の結果が納得いかないわけだけれど、もしかしたら、「ドレープに使っている布の色」が理由のひとつだったかもしれない、とまでおっしゃっていました。

私たちの目というのはとても優秀で、ちょっとした微妙な違いを感じ取れるのです。だから、逆に言えば、どんな色を使うかということは、大問題なのです♪ だからこそ診断結果には納得が必要です。

もちろん診断したらすぐに使いこなせる、というものでもありません。学びながら、ときには失敗したり、ときには誉められたりして、少しずつ自分のものとして使えるようにしていくものです。

そういう意味では、一足飛びではいかなくて勉強と同じですよね。

ドレープに込められた工夫を少しだけ紹介すると、ドレープをあてていく順番も考えられているのです。

淡い色から順に、だんだん鮮やかな色へと変わっていきます。最初に強い色のドレープを当ててしまうと、その印象が残ってしまって、ほかの色のドレープをあてたときに、そのドレープの色での印象が感じられなくなってしまうのを避けるためだったりします。

ほかにも、色みによっては、あるシーズンの人が得意であったりする色みがあります。得意であるがゆえに、すべてのシーズンで似合ってしまう、というのを避けるための工夫もあるのです。

どのシーズンも似合うというのはうれしいことでもあるのですが、お仕事でどんなものでも着こなせないといけないモデルさんや女優さんでもないかぎり、自分にいちばん似合う色がわかるほうがうれしいのではないでしょうか。

ドレープの工夫というのは、専門家が知っていればいいような内容でもありますのでこれくらいにしておきますね。お伝えしたいのは、みなさんが思われている以上に、理論的に色のことを考えているということなのです。

この色の仕組みがわかっているおかげで、落ち着いて診断ができますし、何よりお客様の疑問に対して丁寧なご説明をすることができます。結果的に、お客様はその診断に納得がいくのです。

パーソナルカラーアナリストは「カウンセラー」と同じです。お客様に寄り添い、お客様が自分の魅力をどんなふうに色を使って引き出していくかを、カウンセリングできないようでは、「色のおせっかいおばさん」になってしまいます。

スタイリストさんはセンスもあってどんな洋服のコーディネートも上手です。でも、季節がかわったら、次にどんなコーディネートをしたらいいのか不安になって、ショッピング同行をしてもらいたくなりませんか?

その人が自分で色を使いこなせるようなカラーアナリストでありたいのです。

どうか安心して、パーソナルカラー診断を受けてくださいね♪

近藤智美公式ブログ・キレイになろう!という意識が高まった


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: パーソナルカラー診断, マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ
タグ:,

今なら、半額で受けられます!

今なら、半額で受けられます! 当ホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。
只今、「マジカルベースカラー診断」、「センセーションカラーセラピー」、「マジカルパーソナルカラー診断」3つのサービスともに、通常の半額にてお受け頂けます。今すぐこのプレゼントをお受け取りください!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

自分の性格タイプをカラーで分ける「カラータイプ診断」体験記
自分の性格タイプをカラーで分ける「カラータイプ診断」体験記

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 昨日は、水道橋にて東京ヒーリングマーケットに出展させていただきました。お越しいただきましたお客様、出展者の皆さま、スタッフの皆さま、今回もすてきな出会いをありがとうござい …

「明るい」と「鮮やか」ってイコールなの?
「明るい」と「鮮やか」ってイコールなの?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 ベースカラー診断とパーソナルカラー診断との違いを聞かれると、ベースカラーでは色相のみ(ブルーベースカラーとイエローベースカラー) …

初の横浜ヒーリングマーケットへの出展、楽しませていただきました!
初の横浜ヒーリングマーケットへの出展、楽しませていただきました!

昨日の11月1日(日)は横浜ヒーリングマーケットでした。 あーーー、でも、時計みたら、このブログを書きはじめたときには3日になってしまっていましたが・・・。 初の横浜での出展ということで、ドキドキでしたが、少しずつ打ち解 …

【色彩に関するニュース】色彩のみからなる商標の登録認定♪
【色彩に関するニュース】色彩のみからなる商標の登録認定♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 3月のはじめに、「色彩」に関するニュースがありました♪ 特許庁より輪郭のない「色彩のみからなる商標」として登録を認める判断(登録 …

雨の日に、あなたは「何色」の気持ちになりますか?
雨の日に、あなたは「何色」の気持ちになりますか?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今日は朝から雨でした。みなさんは雨ふりは好きですか? 雨の日は、靴や服を濡らしたり汚してしまうことがあるので、思うようにファッションを楽しむことができません。 そんな時に …

「もう」と「まだ」で年齢差がはっきり開くことが判明!
「もう」と「まだ」で年齢差がはっきり開くことが判明!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今日は驚きのリリースを見つけたので、みなさまにさっそくご報告をします。 女性の肌を研究しているある会社が、自分の年齢をどう受け止めているかという「年齢意識」に注目した調査 …

あるがままの自分に「色」がパワーをくれる♪
あるがままの自分に「色」がパワーをくれる♪

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 先週からずーっとSMAPのことでさまざまな報道が流れています。あらためて、アイドルの存在の大きさも伝えられています。その報道がどうか・・・ということではなく、SMAPとい …

タートルズのキャラクターの、カラーの見せどころとは?
タートルズのキャラクターの、カラーの見せどころとは?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 先日、ブログ「戦隊シリーズだけではない!色で表現するキャラクター」で書きましたが、実際に『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影 …

白いスニーカーの次は、白シャツ! フジTV直撃LIVEグッデイ!
白いスニーカーの次は、白シャツ! フジTV直撃LIVEグッデイ!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 先月、4月26日放送フジテレビ直撃LIVEグッデイ!さまの、「白色のスニーカー特集」のコーナーをご紹介しました。 その後、のうれ …

カラー診断でお客様に「感動」を持ち帰ってもらうとは何か
カラー診断でお客様に「感動」を持ち帰ってもらうとは何か

こんにちは。NPO法人 色彩生涯教育協会(CLE協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 本日の午後は、パーソナルカラー診断をさせていただきました。 今回のお客様、U様は、ブライダルの司会や人形劇をされたり脚本を書い …