色覚異常者の見えにくさではなく、見えやすさを利用する!

近藤智美公式ブログ・色覚異常者の見えにくさではなく、見えやすさを利用する!05

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。

ユニバーサルデザインという言葉を聞いたことはありますか。ユニバーサルデザインというのは、文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいいます。

今日は、そのなかでも、色彩に特化したユニバーサルデザインの紹介をしますね。

色覚バリアフリー

私は身近に色覚異常の方がいたので、自分と同じように色が見えない人がいるのだなという認識があります。見え方を聞くと、同じように感じるものと違うように感じるものがあって、その微妙な色の違いによって、「情報を同じように理解する」ことが必要なときには、色の情報だけでは十分じゃないのだ、と思っていました。

「色のみに頼ったプレゼンテーション」は、誰にでも優しい「ユニバーサルデザイン」ではありません。情報をより多くの人に正確に伝えるためには、「色覚バリアフリー化」というものが求められています。

現在、今後新設される信号は、基本的にLED製となります。LED製になることで、省エネ、長寿命、西日擬似点灯など、多くの問題が解決して利点ばかりかとおもいきや、色覚障害のある人(色弱者)には、電球式と比べ、より一層判別がつきにくくなったのだという弱点がありました。

色覚障害の中でもっとも多いのは「赤系統から緑系統への識別が難しい」のです。

これまでの電球形式の信号機では、色そのものではなく、信号機の明るさで見分けることができました。

LEDの場合は、どの色もほとんど同じ明るさとなってしまう(揃えられている)ため、明るさでの識別が困難になってしまいます。特に、黄色と赤が区別しにくいということですが、黄色と赤ほど見分けがつかないと、事故につながってしまいます!!

強みを活かしたユニバーサルデザインの進化形

そこで、九州産業大学の落合太郎・芸術学部デザイン学科教授が生み出したのが、「LED車両専用道路交通信号灯(ユニバーサルデザイン)」です。

赤信号の赤の部分に少々青みを加えて少々紫っぽく見せるとともに、より一層青を加えて紫傾向の強い赤色で、バツ印の形にLEDを埋め込んであります。

これによって、色覚異常者にはこの×がくっきり見えるのです。一般の人には、100mも離れると×が見えなくなります。

↓は、一般の人が見た信号の様子です。

近藤智美公式ブログ・色覚異常者の見えにくさではなく、見えやすさを利用する!

↓は色覚異常の人がみたシミュレーションです。黄と赤が同じように見えますが、×印で区別することができます。

近藤智美公式ブログ・色覚異常者の見えにくさではなく、見えやすさを利用する!02

世界的には、信号灯の周辺に発光帯を巻いて信号の位置が判るようにするか、信号の明るさを変えるという方法がとられています。

信号の形を変えるという方法もありますが、遠方からでは見分けにくいという欠点が指摘されています。

近藤智美公式ブログ・色覚異常者の見えにくさではなく、見えやすさを利用する!03

なので、×を入れるというのは、色彩論と記号論を組み合わせて、しかも国際基準である「100mの距離から色が判る」という点に留意していて、ユニバーサルデザイン性が高められていると言えるのです。

×は「止まれ」を表す国際記号ですから、「初めて見た人」にもすぐに「意味がわかる」というのがいいですね。

逆転発想がポイント!

色覚異常の方は、日本人男性では20人に1人、女性では、500人に1人程度といわれています。

色覚異常者の存在に配慮して、信号灯の緑色はやや青色よりに設定されていますが、黄色と赤色の区別は困難とされています。従来の電球式にあった「透明感と明るさの違い」というヒントがなくなり、色覚異常者にはいっそう判り難くなっていました。

いちばんのポイントは、「色覚異常者にだけ×が見える」という逆転発想なのです。

それにより、「必要な情報が必要な人にだけ届く」というユニバーサルデザイン信号灯が開発された、というのは大きな意味があると思います。

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて

色覚異常者は、特に夜間など判別の困難を伴うため、運転免許の取得に制限をかけようという動きもあるそうです。でも、これでは社会差別になります。

それよりも、今使っているものを改善し、過度に色彩に依存しないような進化する社会デザイン「色彩バリアフリー化」に注力すべきなのでしょうね。

信号機はそのひとつの動きだと思います。次世代ユニバーサルデザイン化は、安易に人を排除するのではなく、インフラのほうで寄り添っていくべき視点に立脚していくことが重要視されてきそうです。

人にやさしい色づかいができる社会の実現ですね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: カラーマーケティング, マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色の豆知識
タグ:, ,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

お料理の盛りつけには5色をそろえて!
お料理の盛りつけには5色をそろえて!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 先日、ダイエット関連の記事を掲載したときに、カレーライスの画像を色加工して、全体的に青くなったカレーライスの画像をアップしたところ・・・・案の定、とても不評でした。(汗) …

数値上でも「マイナス5歳」と判明しました!
数値上でも「マイナス5歳」と判明しました!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 日頃から、色のもつ魅力についてお伝えしていますが、心身ともに健康であってこそ、色がさらにその人のもつ魅力をアップしてくれると思っ …

パーソナルカラーはどうして日本人に必要なのか?
パーソナルカラーはどうして日本人に必要なのか?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 インストラクター向けのパーソナルカラーアナリスト養成講座のなかで、そもそもカラーアナリストって何をする人なのか、カラーアナリスト …

料理を味わうのは「味覚」or「視覚」、それとも・・・!?
料理を味わうのは「味覚」or「視覚」、それとも・・・!?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 お料理を「おいしい!」と感じるのは、実は、味覚よりも視覚による影響のほうが大きいのです!!今日は、意外と知らない、料理と視覚の関 …

「14日、渋谷で色彩診断イベント」新聞に掲載されました☆
「14日、渋谷で色彩診断イベント」新聞に掲載されました☆

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 ここのところ、FBでも何度もご紹介させていただいていますが、今日もブログでご紹介いたします☆ 14日(土)のCLEビューティフェスタ! もうすぐ目の前のところまできました …

「新しい色」や「初めての色」をトライするのはどんな体験ですか?
「新しい色」や「初めての色」をトライするのはどんな体験ですか?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 2016年1月もすでに半分終わりましたね。毎日がとても早く過ぎていきます。 今日は23日に開催する「カラーでマイナス5歳若返る! アンチエイジング・カラーセミナー」の打ち …

帽子の色選び、思わず「ベースカラー注意報」発令です!
帽子の色選び、思わず「ベースカラー注意報」発令です!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 いきなり、私の写真から失礼いたしました。(#^.^#) 去年の秋冬あたりから、写真にあるようなフエルトハット、とっても流行しまし …

パーソナルカラー別のメイクをマスターする☆
パーソナルカラー別のメイクをマスターする☆

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 パーソナルカラー養成講座で行われる、ある単元のご紹介。メイクの実習です。 パーソナルカラーアナリストとして、各パーソナルカラーの …

映画『ピンクとグレー』。色のタイトルが気になる・・・
映画『ピンクとグレー』。色のタイトルが気になる・・・

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 ジャニーズ「NEWS」の加藤シゲアキさんをご存じでしょうか。彼は2012年に処女小説を発表しています。原作をお読みになった方もいらっしゃるのでしょうね。そして、映画化もさ …

カラフル祭りはカラフルな人とモノでHappyモリモリ♪
カラフル祭りはカラフルな人とモノでHappyモリモリ♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 9日の日曜日は雨が降ったりやんだりというお天気でしたが、大塚のパナホームさまにて、私たちCLE協会主催のイベントで大盛り上がりで …