自然そのものの「色」を楽しめる「おやさいクレヨン」

近藤智美公式ブログ・自然そのものの「色」を楽しめる「おやさいクレヨン」

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。

私は文房具店などで画材をただ見たりするのが好きだったりします。いろいろな色のペンが並んでいたり、色鉛筆のセットとかを見たり、形は同じでも違う色のものが一緒に並べられているのを見るだけで、とてもウキウキしてきます。

画材のなかでも、子どもの頃に最初にお絵かきで使うのはクレヨンですよね。

やわらかくて、描きやすいクレヨン。よく覚えているのは、画用紙にクレヨンで好きなものを描いたあと、クレヨンの塗ったところも塗っていないところも、水彩絵の具でぱーっと塗ると、クレヨンの部分は水彩ははじかれるのですが、ほかのところは、水彩絵の具の色が残ります。手品みたいに不思議で、でもすごく楽しかったことを覚えています。

みなさんのなかにも、そういった思い出があるのではないでしょうか。

クレヨンでもうひとつ覚えているのは、あの独特なにおいです。あの油のにおいが私はすこし苦手でした。

子育てをするようになって、シュタイナー保育とかいろいろ学んでいくうちに、自然のものの良さを再認識する機会にめぐまれ、子どもには「みつろうクレヨン」を使わせていました。

今日、ご紹介するのは「お米」と「野菜」からできたクレヨン、名前もそのまんまの「おやさいクレヨン」です。

おやさいクレヨンの色はどんな色?

「野菜そのもの」の色でできているので、クレヨンそれぞれの色の名前は、「ピーマン」色、「とうもろこし」色など、野菜の名前がつけられています。

ほかには、「ブロッコリー」色、「トマト」色、「里芋」色、「コーヒー」色、「カシス」色、「りんご」色、「むらさきいも」色、「ごぼう」色の全部で10種類の野菜や果物の色があります。

近藤智美公式ブログ・自然そのものの「色」を楽しめる「おやさいクレヨン」02

おやさいクレヨンの作り方

おやさいクレヨンの野菜は廃棄する部分を少しでも捨てずにすむようにという思いから生まれました。

野菜の粉末と、野菜の色を補うための顔料は食品の着色に使用されるものが入っているので、もしお子さんが口に入れてもだいじょうぶなのだそうです。でも、食べても野菜の味はほとんどしないそうです。

主成分のワックスは、精米時に捨てられてしまう米ぬかを精製して作られる「ライスワックス」という「お米の油」を使用しています。

では、おやさいクレヨンの作り方にいきましょう。

1、「粉末化した野菜」と「食用米油」を混ぜる。

2、溶かした「米ぬかロウ」と合わせて着色。

3、それを型に流し込んで冷やす。

自動化された機械では製造が難しい素材なため、半手動生成機を使って、ひとつひとつ職人の手によって作られているそうです。

職人さんがひとつひとつていねいに作っている様子が感じられて、かつ「赤」「青」「黄」でない、自然そのものの「色」を感じるひとときになりそうですね。

近藤智美公式ブログ・自然そのものの「色」を楽しめる「おやさいクレヨン」04

おやさいクレヨンには、あの色がない!!

私たちが日常の生活のなか目にする色のなかで、お野菜にはない色があるのをご存じでしょうか。

それは、「青色」なのです。

青色のお花はありますが、食材で青色のものというと、ブルーキュラソーくらいでしょうか。でも、ブルーキュラソーはもともとホワイト・キュラソーを合成着色料で着色したものなので、自然の色ではないのです。

だから、おやさいクレヨンには、当たり前のように「青」色はないのです。

やさしいのは、色だけではない!

市場に流通される野菜のうち、「形が悪い」「傷がある」などの理由から規格外商品として流通から外されたり、皮などのように、加工する上で除かれたりするような廃棄処分となる野菜は、4割に達すると言われています。

この廃棄処分となる野菜を再利用し、有効活用することで、資源や環境にも配慮した商品を目指して、おやさいクレヨンは作られています。

なんだかありがたくて感謝の気持ちでいっぱいになるクレヨンなのです。食育の必要さも言われて久しいですが、お子さんとお絵かきしながら、お野菜のことをいっぱい知ってもらえそうなクレヨンですね。

使ってみた感想

近藤智美公式ブログ・自然そのものの「色」を楽しめる「おやさいクレヨン」03

このおやさいクレヨンはamazonなどで購入することができます。実際に使ってみた感想をシェアしますね。

箱そのものの絵がすでにかわいらしくて、クレヨンの箱をあけるとショーウィンドーに並んでいるみたいで、とてもかわいいです。

手に取った感じから・・・。私が知っているクレヨンのようなにおいはありませんでした。使っている野菜が違うからか、においもそれぞれ違っていました。でも、野菜そのものの青くさいにおい、というのはないです。お米のにおいなのでしょうか。

くるくるくる・・・描いてみました。
やわらかい感じがします。少し力を入れると、色も濃くなります。野菜を粉末にしているからか、少しだけざらざらとする感じもします。

色は思ったとおりやさしい色です。意外だったのはトマトの色。もっと赤くなるのかと思ったら、どちらかというと、オレンジというか、赤茶色っぽいし、色も薄めです。赤という色では、りんごのほうがしっかり主張している感じですね。お日様の光をしっかり浴びたりんごの皮の色から出る色なのでしょうね。

ピーマン色も意外に思った色でした。食べるときには、あの緑色がすごく鮮やかに感じるのですが、クレヨンでのピーマン色はとってもやさしい色で、黄緑色に近い感じがします。ブロッコリー色はそのまんまの色ですが、本物のブロッコリーより鮮やかな色が出ています。

さといも色も、皮の濃い色のイメージが強いですが、クレヨンの色はやわらかくてクリームっぽい白色になっています。ごぼう色も思ったより黄色っぽい色です。

むらさきいも色は、おいもの色そのまんまが出ている感じですね。カシス色やコーヒー色もそんな印象を受けます。

とうもろこし色は、「そうそう。ゆでる前のとうもろこしは、こういううすーい黄色なんだよなぁ」なんて、ゆでる前の色を想い出させてくれました。

お野菜の顔を思い浮かべながら色をぬるひとときとなりました。気持ちもほんわかしています。

小さいお子さんをお持ちの方は、使ってみてはいかがでしょうか。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: カラーマーケティング, マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色とからだ
タグ:,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

鳥居はどうして赤いのかな?
鳥居はどうして赤いのかな?

こんにちは。NPO法人CLE協会のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 「外国人に人気の日本の観光スポット」調査で、いつもトップにあがってくるところに、京都の伏見稲荷があるのをご存じでしょうか。 伏見稲荷は、全国に約3万 …

コーヒーの色はなぜ茶色い?
コーヒーの色はなぜ茶色い?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 みなさんは、コーヒーはお好きですか? コーヒーの、あの焦げ茶色のような濃い色、なぜああいう色なのか考えたことありますか? 少し前にとってもレトロなカフェに入ったのですが、 …

曼荼羅塗り絵で無心になる~色を重ねる魅力~
曼荼羅塗り絵で無心になる~色を重ねる魅力~

こんにちは。 NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 今日、資料整理をしていたところから、ふと塗り絵をしはじめてしまいました。というのは、先日、CLE感謝祭があったことは、何度もブ …

セミナー報告 キラキラ度は外見と内面の両方からにじみでる!
セミナー報告 キラキラ度は外見と内面の両方からにじみでる!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 7月16日に「似合うピンクで私を演出! キラキラ度アップセミナー」を開催しました。美色コーディネイト講座の一日体験講座としての開 …

パーソナルカラーは、実は理論的なのです!
パーソナルカラーは、実は理論的なのです!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 パーソナルカラー診断は、目の前のお客様をみて、適当に「あなたはスプリングですね」と言っているわけではありません。 パーソナルカラ …

ゴールドとはちがった「シルバー」の魅力とは
ゴールドとはちがった「シルバー」の魅力とは

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 昨日のブログで、ゴールドを使ったパッケージのことに触れ、ゴールドの色のもつイメージなどについて書いたので、それと対になる色についても書こうと思います。 ゴールドの対といえ …

恵方巻きには何色の具材を入れますか?
恵方巻きには何色の具材を入れますか?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 2月に入りましたね。毎日がとっても早く過ぎていきます。 さて、もうすぐ節分ですが、お料理の好きな方は恵方巻きを作る準備をしていら …

☆草木染体験☆今が旬の桜染め♪
☆草木染体験☆今が旬の桜染め♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 最近、草木染にとても興味があります。昔の人は自然の色を「染める」ということで色を作り出していたんだなぁくらいにしか思っていなかっ …

白いスニーカーの次は、白シャツ! フジTV直撃LIVEグッデイ!
白いスニーカーの次は、白シャツ! フジTV直撃LIVEグッデイ!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 先月、4月26日放送フジテレビ直撃LIVEグッデイ!さまの、「白色のスニーカー特集」のコーナーをご紹介しました。 その後、のうれ …

日傘の色は白か黒かどっちがいいのでしょうか?
日傘の色は白か黒かどっちがいいのでしょうか?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 新緑がまぶしくなってきましたね。日差しも日に日に強くなってきているように思います。そうすると、気になるのは日焼け。もうそろそろ日 …