「下着にも色って関係ありますか?」って聞かれましたが・・・

近藤智美公式ブログ・「下着にも色って関係ありますか?」って聞かれましたが・・・

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。

カラーリストをしています、というと、「私の合う色って何?」など色についてのご質問を多く受けます。

先日、下着の色についてご相談を受けました。下着は男女問わず使うものですから、ブログにもまとめてみましたよ。

というのは、色は「見る」だけでなく、色から味を連想して「味わう」ことや色から温度を「肌で感じる」こともしているのです。色を「肌で感じる」ということは、洋服以上に、直接肌につけるものなので、下着の色は健康や精神状態に大きな影響があるということを、もっと積極的に考えてみるのもいいのではないかなぁと思います。

同じ色の下着ばかり使用していませんか? 見えない部分だからこそ、おしゃれしたり、お好きな色の下着を着けて楽しむのもいいでしょう。縁起かつぎに下着の色を利用している人もなかにはあるようです。

色別に見る下着

まず黒。黒は肌がより白く見えるため、セクシー度も強く感じられます。しかし、私はあまりオススメはしていません。

黒という色のため、肌が黒ずんでしまうのです。肌に直接つけるものだから・・・と強調したい理由はこういうところですね。

肌がきれいになる一番のおすすめは、ピンクなのです。ここでもまたピンクか!というくらい、よい効果があるものにピンクは出てきますねぇ。

穏やかなピンクは筋肉の緊張、弛緩を数値として表したライト・トーナス値が最も低い色とされていますし、交感神経に働きかけ脳を活性化したり、血行を良くしたりする効果があると言われています。お肌にはいいことずくめですよね。

続きまして、赤い下着はどう思われますか?

巣鴨の赤パンツやさんに行ってきました!

テレビで見たりして、「巣鴨には赤パンツのお店がある」ことをずいぶん前から知っていたように思います。

以前から、これだけ赤い商品を強く売り出していることに興味があったので、巣鴨に行ってきました。

有名なのが巣鴨の赤パンツ元祖と言われている「マルジ」さん。どこにあるかを知らなくても、よくわかる店構えでした。赤という色は誘目性がいちばん高い色ですからね。お店でやっているSaleのポスターなどは必ずと言っていいほど、赤が使用されていますよ。注目し、かつ購買意欲があがりますからね。マルジさんには、赤いパンツ、赤い肌着、赤い腹巻、赤い靴下・・・など、赤い商品がいっぱいあって、とっても目立っていましたよ。

近藤智美公式ブログ・「下着にも色って関係ありますか?」って聞かれましたが・・・02

近藤智美公式ブログ・「下着にも色って関係ありますか?」って聞かれましたが・・・03

お店もひとつではなかったです。メンズ館なんて、メンズ専用のお店までありましたが、どの店舗も人でにぎわっていました。

近藤智美公式ブログ・「下着にも色って関係ありますか?」って聞かれましたが・・・04

「赤パンツは健康に良い」といわれています。

東洋医学によると、赤パンツをはくことで、へその下あたりにある「丹田(たんでん)」の「気の巡り」がよくなるため、血行や代謝が良くなり健康になる、ということだそうですよ。

赤色は血やエネルギーをあらわす色で、血圧も高くなります。元気がみなぎってくる感じなのでしょうね。赤色を見るだけで、行動的になってリーダーシップとるのも自信をもってやれそうです。

でも、身に付けるのに抵抗ないのかなぁなんて思ったり。赤いセーターや赤いコートを着るよりは、下着は隠れているぶん、ハードルが引くのかもしれません。

赤パンツを好んで使う人っているのでしょうか。

例えば、女優の藤原紀香さんは、昔からの赤パンツ愛好家として有名です。千原ジュニアさんは、いつ下着姿になってもいいようにと、「絶対ウケる」赤パンツをはいているとか。赤いパンツは験かつぎとしても人気があり、縁起を大切にする芸人さんたちには根強い人気があるようです。

申年と赤い下着との深い関係

来年はもうすぐそこまで来ていますが、干支は申です。

なんと!申年に赤い下着を身に付けると健康に過ごせるという言い伝えがあるそうです。おさるさんと赤色は確かにつながりのある色ですね。

申を「去る」とかけて、赤い下着をつけると悪いことが「去る」とも言うそうです。

赤パンツのコーナーには、おさるさんがかわいくプリントされたり刺繍されているのがありましたよ。

そして、赤パンツは巣鴨だけではありません。

イタリアのお話を・・・。

イタリアでは、赤は「幸運の色」とされ、元旦に新しい赤い下着を身につける習慣があります。

赤はエネルギーの源、炎、情熱、力と成功を意味し、新年にそれらの幸運を手に入れることができるように願いを込めて着用するものです。その習慣は特に南イタリアで根付いており、最近ではドレスの下に赤い下着をつけて大晦日のパーティーへ行く人たちもいます。

また、イタリアでは男性から女性へランジェリーを贈ることは日常的なイベントです。特にクリスマスやバレンタインデーには赤い下着をプレゼントするのが人気で、売り場は赤色に染まります。

ここまでくると、当たり前のような気がしてきませんか?
おしゃれのひとつでもありますね。

赤色と言っても、色々な種類の赤色があります。トマトレッドのような赤、ワインレッドのような赤、あなたはどんな赤色がお好きですか?

自分の気になる赤色を探したり、カップルならお互いにプレゼントし合うのもいいですね。

下着メーカーのワコールさんでは赤い下着特集も組まれていますよ。
ズバリ
「今、身につけたいのは、オンナを上げる赤い下着」です。
こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色とからだ
タグ:,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

「似合う色」と『嫌われる勇気』との関係
「似合う色」と『嫌われる勇気』との関係

こんにちは。 NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 ここのところ、いろいろ思うことがあって、そうすると、起こることも偏ってきている感じがして。私がそういうときに立ち返るのは、アド …

「色」から選んでスーツ姿をかっこよく決める!
「色」から選んでスーツ姿をかっこよく決める!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 ここ一番で元気が欲しいなっていう時、あなたは栄養ドリンクを飲んだりしますでしょうか。 スーツの色の変化を使って栄養ドリンクの効果 …

バレンタインのプレゼントにネクタイもいかが?
バレンタインのプレゼントにネクタイもいかが?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 2月14日はバレンタインデー。学生のころ、この日こそ!と思って、好きな男の子にチョコレートをプレゼントした記憶が想い出されます。 …

「彩る」とは何を色取っているという意味なのだろうか?
「彩る」とは何を色取っているという意味なのだろうか?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 色のことを表す言葉はたくさんありますが、そのなかでも、私は「彩り」という言葉が好きです。 「彩り」と書いて、「いろどり」。 まさに、「色どり」ですよね。 「彩」という字を …

4月19日テレビ出演!!フジテレビ 直撃LIVEグッディ!
4月19日テレビ出演!!フジテレビ 直撃LIVEグッディ!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 今日は私のところに飛び込んできたニュースを、みなさまにお知らせしたいと思います。 それは!!! 4月19日に、CLE協会の加藤茜 …

新年の準備① 色を使って、断捨離の効率アップしましょ!
新年の準備① 色を使って、断捨離の効率アップしましょ!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今年も残すところ2ヶ月をきりました。来年の準備を少しずつ始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 新しい年を迎える準備のひとつにある、大掃除や断捨離。 今日はパー …

講座で学んだことを実践して「自分のもの」にする
講座で学んだことを実践して「自分のもの」にする

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 27日(日)は、ギャラリー茶房 椿 様にて、「カラーで5歳若返る!アンチエイジング・カラーセミナー」第3回を開催いたしました。 …

雪はどうして白く見えるのかな?
雪はどうして白く見えるのかな?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 昨日の雪は、雨でほぼ溶けて、道の片隅などに残っているだけでしたね。でも、一面に真っ白なのを見ると、空気や川だけでなく道や建物まで、なんだけ汚れているものが洗われたかのよう …

シャボン玉の、あのとってもキレイな色はどうして見える?
シャボン玉の、あのとってもキレイな色はどうして見える?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 あたたかくなってきて、シャボン玉を飛ばして遊んでいる親子を見掛けました。 シャボン玉って、きれいで、おもわずつかまえたくなって、 …

鮮やかな色で、楽しく明るくお盆を祝う国は・・・?
鮮やかな色で、楽しく明るくお盆を祝う国は・・・?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 色に対する感覚というのは、個人個人の体験によって千差万別ですが、大きくわけると国によっても違うものです。国民性が大きく関係があるようですが、その国の歴史的背景だけでなく、 …