ベーシックカラーほどベースカラーを意識して使いましょう!

近藤智美公式ブログ・ベーシックカラーほどベースカラーを意識して使いましょう!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。

カラー診断をする際に、イエローベースかブルーベースかの2タイプに、まずは大きくわけて診断をします。

2タイプに分けるだけだと、とてもシンプルなので、自分のベースカラーを知っていれば、見分けていくことができます。

「自分に似合う色」というと、ついついピンク、オレンジ、青など、さし色になるような色を想像しがちですが、こればかりではコーディネートが成り立ちません。

特にコート、ジャッケット、スーツなど、大きな面積を使うお洋服の場合は「ベーシックカラー」を使うことが多くなります。面積が大きいからこそ「自分に似合う色」かどうかは、重要なポイントとなります。

手持ちの洋服を見ていただくと、ベーシックカラーが大半を占めているのではないでしょうか? 着用頻度の高いベーシックカラーこそ、トレンドをとらえながら、自分に似合うものを選んでコーディネートすることが、ますます重要になってきているといえるでしょうね。

ベーシックカラーとは、日本語でいうと「基調色」のことです。

ベーシックカラーになる色は、
「キャメル」「グレー」「黒」「ブラウン」「ベージュ」「ネイビー」のような色です。
それをベースで分けると、
イエローベースの人は
「キャメル」「ブラウン」「ベージュ」がお似合いです。
ブルーベースの人は
「グレー」「黒」「ネイビー」がお似合いです。

またメイクも同じようなことがいえます。
イエローベースの人は「オレンジ系」がお似合いですし、ブルーベースの人は「桜色系」「ローズ系」がお似合いです。

パーソナルカラー4種類の見極めは難しくても、イエローベース・ブルーベースならば、比較的簡単に間違いも少なく見極めることができます。

そして、コーディネートするときに覚えておきたいのが、7:2:1の比率です。

コートやスーツなどコーディネートの大部分を示す色を7割、とすると、ブラウスだったり、アウターから除くボトムスだったりを2割、そして、最後に1割をアクセントカラーとして、バッグや帽子、ストールを使うとバランスがよくなりますよ。

来週はクリスマスにいよいよ突入です。おしゃれするときに、この比率をぜひ使ってみてくださいね。

昔、ベースカラーはあったのだろうか?

ところで、ずっと昔にさかのぼって江戸時代のころの色って、どんなだったのでしょうか。

身分制度がはっきりしていて、お百姓さんたち農民は、分不相応な贅沢を禁じられ、奢侈禁止令というものがありました。

農民だけでなくどんな身分であっても、ぜいたくな着物を着てはいけないとされました。

素材は、麻と綿だけ。
色は、茶色、鼠色、藍色しか着用してはならない。

素材だけでなく色まで規制されていたのですね。でも、その規制のおかげで独特の文化を生み出すことができたのです。

江戸の町人たちは、許された地味な色に微妙なこだわりを見出すことで、粋で豊かな服装文化を展開していきました。なんて賢い、というか、与えられているものを十二分に楽しむ姿勢は見習うほどですね。

これがご存じの「四十八茶百鼠」と呼ばれ、華やかな色はないものの、微妙な色調の変化を親しむ美意識を醸成する結果となりました。

四十八茶百鼠では、茶色やグレーに微妙な違いをつけた色のことですが、あれれ? 茶色とグレーですよ!?

茶色とグレーというあたり、江戸時代の人も、ベースカラーという言葉はなかったにせよ、意識的にベースカラーを知っていたのかもしれませんね。

言うまでもなく、茶色はイエローベースですし、グレーはブルーベースの色です。どちらかの色を好んで着る人もいたでしょうね。もしかしたら、年貢をおさめるようなときなどは、自分のベースとは違うベースの色を着て、より目立たないようにしていた人がいるかも・・・、いやなお見合いをもってこられたときも似合わないほうのベースカラーの着物を着て嫌われるようにしていたかも・・・などと、勝手に想像すると、この時代の人々も、色を楽しんでいたようでなかなか興味深いものです。

みなさんも、ベーシックカラーを使いこなして、粋に楽しんでくださいね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: カラーコーディネート, マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ
タグ:,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

メイクも少しの工夫でビューティアップ!!
メイクも少しの工夫でビューティアップ!!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 先日、CLE協会のインストラクター仲間の笠井裕子さんの呼びかけにより、CLEビューティUP講座を受けてきました。 講師は、豊島区 …

なぜ、秋になると木々が紅葉して「色」が変わるの?
なぜ、秋になると木々が紅葉して「色」が変わるの?

昨日のブログでは、美しく紅葉したコキアのご紹介をしました。 もちろん紅葉はコキアだけではありません。イチョウやモミジなど、さまざまに紅葉が見られます。 葉が色づき、グラデーションを作り出すのをみると、日本人でよかったぁと …

コーヒーの色はなぜ茶色い?
コーヒーの色はなぜ茶色い?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 みなさんは、コーヒーはお好きですか? コーヒーの、あの焦げ茶色のような濃い色、なぜああいう色なのか考えたことありますか? 少し前にとってもレトロなカフェに入ったのですが、 …

男性にとって、ピンク色は必要? 必要じゃない?
男性にとって、ピンク色は必要? 必要じゃない?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 1月23日、2月20日に開催した「カラーで5歳若返る! アンチエイジング・カラーセミナー」が好評で、3月27日(日)にも開催する …

新年会でも、3色のおみくじで運を引き寄せ♪
新年会でも、3色のおみくじで運を引き寄せ♪

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 2016年になってもう1週間が過ぎました。今日は七草がゆを食べた方も多いのではないでしょうか。 初詣も済ませ、仕事始めもして、今週来週あたりは新年会も多いのではないでしょ …

自然からいただいた色 草木染めの色と効用とは
自然からいただいた色 草木染めの色と効用とは

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 布ナプキンの材料で注目したのは、肌にあたる部分の布は草木染めされていたのです。ざくろ染め、びわ染め、あかね染め。どれもやさしい色合いです。 あかね染めは、からだの冷えに効 …

色の波及効果はいろいろな形であらわれる
色の波及効果はいろいろな形であらわれる

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 ひさびさのブログ更新です。3月19~21日の3連休はCLE協会のインストラクター養成講座を受講していました。インストラクターにな …

「ターコイズブルー」ってどんな色ですか?
「ターコイズブルー」ってどんな色ですか?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 ベースカラーのご説明をするのに、ドレープの色をお見せしながら、イメージしやすいように、共通な認識を言葉をプラスして表現するように …

「色」から選んでスーツ姿をかっこよく決める!
「色」から選んでスーツ姿をかっこよく決める!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 ここ一番で元気が欲しいなっていう時、あなたは栄養ドリンクを飲んだりしますでしょうか。 スーツの色の変化を使って栄養ドリンクの効果 …

「大人の琥珀」と聞いて、あなたなら、どんなカラーをイメージしますか?
「大人の琥珀」と聞いて、あなたなら、どんなカラーをイメージしますか?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 先日、お裾分けをいただきました。 写真のこちら。 「大人の琥珀 OTONA NO KOHAKU」と書かれたポッキーです。 ふだん目にする赤い箱のポッキーとは違っていますね …