ベーシックカラーほどベースカラーを意識して使いましょう!

近藤智美公式ブログ・ベーシックカラーほどベースカラーを意識して使いましょう!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。

カラー診断をする際に、イエローベースかブルーベースかの2タイプに、まずは大きくわけて診断をします。

2タイプに分けるだけだと、とてもシンプルなので、自分のベースカラーを知っていれば、見分けていくことができます。

「自分に似合う色」というと、ついついピンク、オレンジ、青など、さし色になるような色を想像しがちですが、こればかりではコーディネートが成り立ちません。

特にコート、ジャッケット、スーツなど、大きな面積を使うお洋服の場合は「ベーシックカラー」を使うことが多くなります。面積が大きいからこそ「自分に似合う色」かどうかは、重要なポイントとなります。

手持ちの洋服を見ていただくと、ベーシックカラーが大半を占めているのではないでしょうか? 着用頻度の高いベーシックカラーこそ、トレンドをとらえながら、自分に似合うものを選んでコーディネートすることが、ますます重要になってきているといえるでしょうね。

ベーシックカラーとは、日本語でいうと「基調色」のことです。

ベーシックカラーになる色は、
「キャメル」「グレー」「黒」「ブラウン」「ベージュ」「ネイビー」のような色です。
それをベースで分けると、
イエローベースの人は
「キャメル」「ブラウン」「ベージュ」がお似合いです。
ブルーベースの人は
「グレー」「黒」「ネイビー」がお似合いです。

またメイクも同じようなことがいえます。
イエローベースの人は「オレンジ系」がお似合いですし、ブルーベースの人は「桜色系」「ローズ系」がお似合いです。

パーソナルカラー4種類の見極めは難しくても、イエローベース・ブルーベースならば、比較的簡単に間違いも少なく見極めることができます。

そして、コーディネートするときに覚えておきたいのが、7:2:1の比率です。

コートやスーツなどコーディネートの大部分を示す色を7割、とすると、ブラウスだったり、アウターから除くボトムスだったりを2割、そして、最後に1割をアクセントカラーとして、バッグや帽子、ストールを使うとバランスがよくなりますよ。

来週はクリスマスにいよいよ突入です。おしゃれするときに、この比率をぜひ使ってみてくださいね。

昔、ベースカラーはあったのだろうか?

ところで、ずっと昔にさかのぼって江戸時代のころの色って、どんなだったのでしょうか。

身分制度がはっきりしていて、お百姓さんたち農民は、分不相応な贅沢を禁じられ、奢侈禁止令というものがありました。

農民だけでなくどんな身分であっても、ぜいたくな着物を着てはいけないとされました。

素材は、麻と綿だけ。
色は、茶色、鼠色、藍色しか着用してはならない。

素材だけでなく色まで規制されていたのですね。でも、その規制のおかげで独特の文化を生み出すことができたのです。

江戸の町人たちは、許された地味な色に微妙なこだわりを見出すことで、粋で豊かな服装文化を展開していきました。なんて賢い、というか、与えられているものを十二分に楽しむ姿勢は見習うほどですね。

これがご存じの「四十八茶百鼠」と呼ばれ、華やかな色はないものの、微妙な色調の変化を親しむ美意識を醸成する結果となりました。

四十八茶百鼠では、茶色やグレーに微妙な違いをつけた色のことですが、あれれ? 茶色とグレーですよ!?

茶色とグレーというあたり、江戸時代の人も、ベースカラーという言葉はなかったにせよ、意識的にベースカラーを知っていたのかもしれませんね。

言うまでもなく、茶色はイエローベースですし、グレーはブルーベースの色です。どちらかの色を好んで着る人もいたでしょうね。もしかしたら、年貢をおさめるようなときなどは、自分のベースとは違うベースの色を着て、より目立たないようにしていた人がいるかも・・・、いやなお見合いをもってこられたときも似合わないほうのベースカラーの着物を着て嫌われるようにしていたかも・・・などと、勝手に想像すると、この時代の人々も、色を楽しんでいたようでなかなか興味深いものです。

みなさんも、ベーシックカラーを使いこなして、粋に楽しんでくださいね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: カラーコーディネート, マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ
タグ:,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

写真を撮るときにベースカラーを知っていると・・・♪
写真を撮るときにベースカラーを知っていると・・・♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 いまや携帯にはかならずカメラがついていて、カメラそのものを持っていなくても、写真を気軽に撮ることができますよね。 ふだんから、自 …

なぜ、秋になると木々が紅葉して「色」が変わるの?
なぜ、秋になると木々が紅葉して「色」が変わるの?

昨日のブログでは、美しく紅葉したコキアのご紹介をしました。 もちろん紅葉はコキアだけではありません。イチョウやモミジなど、さまざまに紅葉が見られます。 葉が色づき、グラデーションを作り出すのをみると、日本人でよかったぁと …

「明るい」と「鮮やか」ってイコールなの?
「明るい」と「鮮やか」ってイコールなの?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 ベースカラー診断とパーソナルカラー診断との違いを聞かれると、ベースカラーでは色相のみ(ブルーベースカラーとイエローベースカラー) …

カラフル祭りはカラフルな人とモノでHappyモリモリ♪
カラフル祭りはカラフルな人とモノでHappyモリモリ♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 9日の日曜日は雨が降ったりやんだりというお天気でしたが、大塚のパナホームさまにて、私たちCLE協会主催のイベントで大盛り上がりで …

「レトロ」という言葉から思い浮かぶカラーは何ですか?
「レトロ」という言葉から思い浮かぶカラーは何ですか?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 先日、荒町整体荒町英明さんと奥様でヨガのインストラクターをしている荒町幸代さん、そしてミチハウス代表の内藤明子さんコラボによる「1day 大地とつながるウォーキング瞑想  …

ピンク色診断のライブ体験!ピンクって・・・深すぎ!
ピンク色診断のライブ体験!ピンクって・・・深すぎ!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 CLE感謝祭の楽しみのひとつでもあった,会長の高田裕子先生によるピンク色診断ライブ! 裕子先生が、これまでの診断により蓄積された …

色とりどりのおせち料理の由来といわれ
色とりどりのおせち料理の由来といわれ

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 お正月にはおせち料理ですね。食べるのが大好きなので、ついつい食べ物の話になってしまいます。 今日はおせち料理の由来からお話ししていきます。 おせち料理の起源は古く、弥生時 …

険しい海岸にカラフルな家屋が並ぶ世界遺産
険しい海岸にカラフルな家屋が並ぶ世界遺産

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 みなさんの近々の予定に、海外旅行は含まれていますでしょうか。今日のブログでは、思わず行きたくなるような色のあふれる場所をご紹介し …

ダルマの色にはどんな意味があるの?
ダルマの色にはどんな意味があるの?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 お正月の縁起物として思い浮かぶもののひとつにダルマがあります。 ダルマといえば、真っ赤な色が思い浮かびますよね。 初詣に行ったときに見たダルマには,それ以外の色のダルマも …

28色のなかから、あなたは何色を選びますか?
28色のなかから、あなたは何色を選びますか?

株式会社そごう・西武と凸版印刷株式会社は、28色のカシミヤニットのバーチャル試着体験が可能なカラーフィッティングサイネージを期間限定で提供しています。 そごう・西武のプライベートブランド「リミテッド エディション」のアラ …