映画『ピンクとグレー』。色のタイトルが気になる・・・

近藤智美公式ブログ・映画『ピンクとグレー』。色のタイトルが気になる・・・

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。

ジャニーズ「NEWS」の加藤シゲアキさんをご存じでしょうか。彼は2012年に処女小説を発表しています。原作をお読みになった方もいらっしゃるのでしょうね。そして、映画化もされて、もうすぐ公開なのです。

原作と同じ、映画のタイトルは、『ピンクとグレー』。

色がタイトルになっていますよ。どんなストーリーなのでしょうか。むっちゃ気になります。

『ピンクとグレー』

『ピンクとグレー』は「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が映画化します。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が原作を大胆にアレンジして再構成し、小説では明かされなかったエピソードも描いているそうです。

あらすじは・・・
人気俳優の白木蓮吾が急逝した。自殺か他殺かも判明しない中、彼の少年時代からの親友で死の瞬間にも立ち会った売れない俳優・河田大貴に世間の注目が集まるが……。

これだけでは、「ピンク」と「グレー」がどんなふうにストーリーと関係しているのかわかりません。もちろん観にいったらいいのですが、いま知りたい!のです。

タイトルに込められた思い

どうしてこういうタイトルになったのかなぁと気にしながら検索してみたら、加藤シゲアキさん本人がタイトルについて語っていたのを見つけました。

本人がどう思ったのか、知りたくありませんか?

2012年1月1日、「加藤シゲアキより新年おめでとうメッセージ」にありました。そのまま抜粋しますね。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「ピンクとグレー」というタイトルは実は仮題でつけていたものがそのまま採用になったのです。もともとタイトルには色を使いたいという思いがあり、メインは二人の話だし、曖昧な二色が人間のはかなさを表していて、合うんじゃないかなと。
本の中にも色の話が出てきたりします。「人の目には吸収した色じゃなくて、反射した色が映る」というような話なんですが、つまり嫌った色のほうが目に映るという矛盾、不条理な感じが物語として面白いと思ったんですよね。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

いかがでしょうか。

「もともとタイトルには色を使いたいという思い」があるとはっきり言っていらっしゃって、お会いしたことはないのですが、色に対する感受性も高い方なんだろうなぁと思います。

それから、注目すべきだなぁと思うのは、ピンクとグレーについて、「曖昧な二色が人間のはかなさを表す」なんて言っています。あいまいな色・・・。なるほどねぇ。

登場人物の白木蓮吾と河田大貴を色で表現するなら、「ピンク」と「グレー」といった立ち位置なのでしょうか? ますます気になります。

では、そのピンクとグレーについて、色彩心理からみたことをご紹介しますね。

グレー~外からの刺激をやわらげ、優しくいたわる

グレーは白と黒を混ぜてできる色です。
白・黒・グレーは色みのない無彩色です。色みがないということは、明るさの度合いしかないということです。

グレーは
「落ち着いた、渋い、おとなしい、濁った、地味な」
イメージを与えます。

グレーが気になるときの心理状態はどんなかというと、少し神経質になって気持ちが不安定な時かもしれません。何事にも消極的な気分の時です。自分のことを抑え気味ですが、それはほかの色や物を際だたせている役割に徹しているときかもしれません。つまり、自分の意志や欲求よりも、何事をも受け入れられる忍耐力のある時期ともいえるでしょう。

会社やオフィスで最も多く目にする色は、グレーが多いです。外資系の会社などでドアやパーテーションなどに鮮やかな赤や黄色といった色がポイント的にコーディネートされていたりしますが、日本の企業ではグレーをオフィスの定番色としている例が少なくありません。

規則やルールなど決まったことを淡々とやり、目の前の仕事を黙々とこなすという点において、確かにグレーは仕事の能率を上げることに効果があります。しかし、同時に独創的な意見や行動力を抑えてしまうという作用も働きます。

心身ともに疲れて何も考えたくない時、一人になりたいような時には、ぴりぴりとしていたものが和らげられたように感じるでしょう。使いすぎると意欲までなくなってきてしまうので、時には赤やオレンジといった元気な色も取り入れましょう

グレーという色自身が個性の弱い色ですから、相手を際立たせたい時には有効に活用できます。もし部下の立場で、上司に睨まれたり、目を付けられないようにする時にも役立ってくれます。

ピンク~ウキウキする幸せの色

ピンクは白と赤を混ぜてできる色です。
赤は色みがあるので有彩色といいます。
色彩用語的には、白を混ぜてできる色のことを明清色といいます。ここでのピンクは赤と白だけを混ぜてできた色に限定します。

ピンクは
「澄んだ、楽しい、爽やかな、子供っぽい、軽い、淡い、あっさりした、女性的、優しい、弱い」
イメージを与えます。

ピンクが気になるときの心理状態は、優しく穏やかで、愛情に溢れている状態といえるでしょう。他人に対しても思いやりをもって、自然にやさしくできます。その反面、自分自身も誰かに甘えたい、優しくしてもらいたいという欲求の強い時かもしれません。

ピンク色の効果についてはたびたびブログに書いてきていますが、どんな色でも心理的に与える影響にはプラス面とマイナス面があるのに、ピンクに関してはこのマイナス面が少ないと言われています。

ピンクは幸せや平和主義を象徴し、基本的に人に幸福感をもたらすように作用する色です。同時に、恋愛・癒しの色ともされていて、恋をするとピンクの洋服や小物を身に付けたくなるとも言われています。争いごとを回避させる働きもあるので、対人関係でギスギスしているなと感じた時には、ピンクを意識的に取り入れると優しい目や心で周りを見渡せる余裕が生まれるでしょう。

ピンクは卵巣ホルモンに働きかけ、ホルモンの分泌を促し、脳に刺激を与えると言われています。脳を刺激するという意味では健忘症をはじめとするボケ防止にも役立ちます。

ピンクとグレーはあいまいな色?

ピンクとグレーのそれぞれの色のイメージについて書いてみましたが、はっきりした原色と比べると、あいまいな色というのはそうなのでしょうね。

そのピンクとグレーがどんなふうに映画に効果的に使われているのか、実際に観て感じてくださいね。1月9日、全国で公開ですよ。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: カラーマーケティング, マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色彩心理学
タグ:, ,

今なら、半額で受けられます!

今なら、半額で受けられます! 当ホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。
只今、「マジカルベースカラー診断」、「センセーションカラーセラピー」、「マジカルパーソナルカラー診断」3つのサービスともに、通常の半額にてお受け頂けます。今すぐこのプレゼントをお受け取りください!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

自然からいただいた色 草木染めの色と効用とは
自然からいただいた色 草木染めの色と効用とは

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 布ナプキンの材料で注目したのは、肌にあたる部分の布は草木染めされていたのです。ざくろ染め、びわ染め、あかね染め。どれもやさしい色合いです。 あかね染めは、からだの冷えに効 …

雪はどうして白く見えるのかな?
雪はどうして白く見えるのかな?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 昨日の雪は、雨でほぼ溶けて、道の片隅などに残っているだけでしたね。でも、一面に真っ白なのを見ると、空気や川だけでなく道や建物まで、なんだけ汚れているものが洗われたかのよう …

最近人気の「半額クーポン」!!【マジカルカラーリスト近藤智美】
最近人気の「半額クーポン」!!【マジカルカラーリスト近藤智美】

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 2015年9月の息子の誕生日からスタートした、私の公式HPとブログ。1年と5ヶ月続いています。感動~。 最近、ブログを読んでいた …

シャボン玉の、あのとってもキレイな色はどうして見える?
シャボン玉の、あのとってもキレイな色はどうして見える?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 あたたかくなってきて、シャボン玉を飛ばして遊んでいる親子を見掛けました。 シャボン玉って、きれいで、おもわずつかまえたくなって、 …

「似合う色」と「好きな色」が違う場合の対処法
「似合う色」と「好きな色」が違う場合の対処法

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 カラー診断の場での「あるある」なのですが、お客様が「こっちの色のほうが好き。でも、似合うのは違うんだ~」と言いながら、表情がどこ …

カラフル祭りはカラフルな人とモノでHappyモリモリ♪
カラフル祭りはカラフルな人とモノでHappyモリモリ♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 9日の日曜日は雨が降ったりやんだりというお天気でしたが、大塚のパナホームさまにて、私たちCLE協会主催のイベントで大盛り上がりで …

レモンイエローのラッキーカラーを取り入れるには?
レモンイエローのラッキーカラーを取り入れるには?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 2016年ラッキーカラーのひとつでもあるレモンイエローを、自分のファッションに取り入れるにはどうしたらいいかなぁって、あれこれ考えてみました。 ビタミンカラーのレモンイエ …

マジカルカラーリストの年間ベスト10を発表☆
マジカルカラーリストの年間ベスト10を発表☆

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 2015年も残すところ、今日をいれて2日ですね。 みなさんにとって2015年はどんな1年でしたでしょうか。 私は四緑木星なのですが、この1年は「仕事運の年」と言われていま …

教材作りは「色」を楽しむひととき☆
教材作りは「色」を楽しむひととき☆

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 人にものを伝えるときに、話をするよりも、見てもらったほうがすぐにわかることっていっぱいあります。「色」に関することも、そういうの …

ベースカラー診断とパーソナルカラー診断の違いとは?
ベースカラー診断とパーソナルカラー診断の違いとは?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 カラー診断をすると、必ず「あっ、この色お似合いですねぇ」と伝えたくなる色に出会います。お客様に覚えてもらいたいのもあって、写真を …