自分と人を「愛おしむ」。子宮は何色か知っていますか?

近藤智美公式ブログ・自分と人を「愛おしむ」。子宮は何色か知っていますか?

今日はからだの勉強をしてきました。それも子宮。女性の体にあって、赤ちゃんを宿し、産まれるまでのあいだ育んでいく大事な器官。

講師は、長崎市で布ナプキンと布おむつの販売店をしていらっしゃる、大原万里亜先生。

男性や子どもたちに、どうやって話そうかと試行錯誤していらっしゃったこともお話くださいましたが、とても興味深かったです。

布ナプキンのお店には修学旅行中の高校生女子が立ち寄って、爆買い(!?)することも多いのだそうです。この話には超おどろきました。意識高い、というか、私が学生の頃、生理のことを周囲に話すような人っていませんでした。布ナプキンの存在も知りませんでしたし。

小学校4年になって生理のことを初めて聞いたとき、女子だけ集められて男子は違うことをしていて、女子だけの秘め事のような時間を味わいました。男子の前では言ってはいけないのだと思いましたよね。そこから秘密が少しずつ増えていったようにも思います。

「あなたはどうなの? 私は○○だよ。」
こういう会話がなかなか出来ませんでした。

編集を長くするなかで、ご縁があって「産婦人科」の書籍や性教育に関する冊子を作らせていただく機会に恵まれ、いい大人になってから、あらためて体の勉強をしたように思います。そこから少しずつ関心をもつようになってきました。

いま、自分が子どもを産んで思うのは、「オープンに話すことの大切さ」。世の中、男性と女性しかいないし、女性の私には男性のことは聞かないとわからないものです。脳の仕組みからして違うのだし。そして、男性も女性もいるおかげで世代が受け継がれていくわけですから、お互いのことを知るのはすごく大事です。内緒にしてどうするのよ!!

でも、こういうことを思うようになったのは最近です。そんなことを考えたことさえなかった、何も知らない私でした。でも、そのことを恥じるのでなく、関心もっていくように変わってきましたよ。

今日はお話を聞いてきたばかりでシェアしたいことは山ほどありますが、それは個人的にでも聞いてくだされば、どれだけでも話します。

ブログには2つの内容にしぼって、もちろん色がらみで書きたいと思います。

今日は、まず第一回、子宮のこと。
そして、第二回では草木染めのことを。

「愛おしむ」ということ

大原先生は、布おむつや布ナプキンの話をすることを通して、自分のことを思いやれるようになって愛おしんでもらえるといいなぁとおっしゃっていました。

「愛おしい」「愛おしむ」という言葉を聞くと、胸がきゅんとなるというか、とてもあたたかいものを感じます。

「愛おしむ」という言葉の意味を辞書で調べると、
1.かわいく思って大事にする。かわいがる。「わが子のように―・む」
2.かわいそうに思う。気の毒に思う。「身よりのない子を―・む」
3.惜しんで大切にする。「わが身を―・む」「青春を―・む」
とあります。

さらに、語源をたどっていくと、「愛おしむ」は「教える」からきているようです。

「おしえる」は、「いとおしむ相手に対して、自分が大切にしていることを伝える」ことです。

「おしえる」は、語源的にも意味的にも「おしむ[osimu]」が前提で、「相手を愛おしむ」ことが「教える」ことのはじまりです。

「おしむ」ものが「おしえる」から、相手は「おしえるもの」にひきつけられ、そのものを尊敬し「まなぶ」、つまり「まねぶ」ように促されていく、という内容が掲載されていました。

ここには、人間の「教育」の原点が集約されているように思いませんか?
調べてみたら、こんなことがわかって、鳥肌ものというか、人が言葉を生み出す過程というのはなんて美しいんだろうと思ったわけです。

子宮は何色か知っていますか?

カラーリストの私は、色の効用について話をする機会が多くありますが、そのなかでも、ピンク色の効用についてよくお話をします。

カラー診断のなかでも、お似合いになるピンク色の診断はかならず取り入れています。

ピンク色は、人に安心感を与えて対人関係を良好にします。幸せな気分を作り女性ホルモンの分泌を助けるので、血行をよくし肌の潤いを保ち、アンチエイジングにはもってこいの色です。

先ほどのように、「愛おしむ」という語源から、「愛おしむ」とピンク色の存在とが、私のなかでイコールに近くなりました。

人は自分が愛されたいために、人を愛そうとする傾向があります。しかし、愛の本質は「自分を愛する」こと。自分の心が満たされれば、愛は自然に外にあふれ出し、本当の愛を引き寄せます。

だから、まずはありのままの自分をまるっと好きになることって難しいけれど基本だと思うのです。

その思いを伝えるために、私が必ず話していることがあります。

それは
「子宮はサーモンピンクの色をしています」ということ。

内臓はひとつひとつが違う色をしているとも聞いたことがあります。私たち人間は子宮の中からが生命のスタートです。

私たちはきっと生命をもって初めて知る色とは、子宮の色だったのではないでしょうか。子宮の中で、愛そのもので安心感に包まれて、そして、充分に準備が整ったとき外の世界に出てきたのです。ピンク色が緊張を和らげて、やさしい気持ちになれるのも、お母さんのおなかの中にいた頃の自分を思い出して、そのときのなつかしい気持ちがつながってきているような気がしてなりません。

その話をすることで、ピンク色に対する抵抗が減ったなんておっしゃるお客様もいらっしゃいます。そうすると、自分に対してやさしくなれます。自分に対してやさしくなれると、人に対してもやさしくなれます。人としての原点のように思います。

今日はここまでです。次は草木染めについてです。お楽しみに。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色とからだ
タグ:, ,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

なぜ「パーソナルカラーは必要なのか」を伝えたいから
なぜ「パーソナルカラーは必要なのか」を伝えたいから

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 わたしは「カラーリスト」という仕事以外にも別の仕事をしています。それは、「編集・校正」です。書籍や雑誌、チラシにいたるまで、あら …

印象が「こわく」なっているのは「色」のせいだった
印象が「こわく」なっているのは「色」のせいだった

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 先日、パーソナルカラー診断をさせていただきましたMUさま。 「お洋服を選ぶのにも難しい歳になってきました」とおっしゃいます。お店 …

メイクも少しの工夫でビューティアップ!!
メイクも少しの工夫でビューティアップ!!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 先日、CLE協会のインストラクター仲間の笠井裕子さんの呼びかけにより、CLEビューティUP講座を受けてきました。 講師は、豊島区 …

ゴールドだけが・・・・。それはなぜ?
ゴールドだけが・・・・。それはなぜ?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 明日から三連休という方も多いかと思いますが、8日(日)は久しぶりに「プチ癒しフェスタ」というイベントに出展いたします。 8日(プ …

赤鬼と青鬼だけじゃない! 鬼の色には意味がある
赤鬼と青鬼だけじゃない! 鬼の色には意味がある

こんにちは。NPO法人 色彩生涯教育協会(CLE協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 1月も終わりに近づいてきました。2月にはいるとすぐに節分です。節分には「恵方巻き」を食べる方も多いでしょうね。 節分とは 「節 …

11月1日(日)ゾロメの日は横浜で!
11月1日(日)ゾロメの日は横浜で!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 月に1、2回の頻度で、癒しのブースに出展するようになって、かれこれ1年半近くになりますが、横浜での出展は初めてです。 出展するたびに、いつも新しい出会いがありますが、今回 …

自分の性格タイプをカラーで分ける「カラータイプ診断」体験記
自分の性格タイプをカラーで分ける「カラータイプ診断」体験記

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 昨日は、水道橋にて東京ヒーリングマーケットに出展させていただきました。お越しいただきましたお客様、出展者の皆さま、スタッフの皆さま、今回もすてきな出会いをありがとうござい …

パーソナルカラー診断で十二単体験もできる!
パーソナルカラー診断で十二単体験もできる!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 本日は、東京メトロ有楽町線江戸川橋駅近くにある、ギャラリー茶房「椿」さまにて、パーソナルカラー診断をさせていただきました。年内最後のカラー診断になります。 今年の夏の終わ …

血色のよい「くちびる」にするには!?
血色のよい「くちびる」にするには!?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 冬に気になるのは、寒さによる乾燥。私の場合は、唇が荒れて、皮がめくれたりするので、夏よりも多くリップクリームをつけたり、保湿を心がけています。 みなさんは、リップクリーム …

コンセプトは「色から、モノを好きになる」!
コンセプトは「色から、モノを好きになる」!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 いま、ルミネ有楽町に、「色」で提案のセレクトショップ「IROZA」POP-UPストアが期間限定でオープンしています。 「IROZA」のコンセプトは、「色から、モノを好きに …