人間の色の見え方、動物の色の見え方、同じ?違う?

近藤智美公式ブログ・人間の色の見え方、動物の色の見え方、同じ?違う?

あなたは動物が好きですか?
動物を飼って一緒に過ごしている方もいらっしゃいますよね。

私達が見ている風景や色は、動物にはどのように見えているのでしょうか?
ほとんどの動物は色覚を持ち、色を識別することがわかっています。

生物の目には本来、「赤」「緑」「青」「紫外線」を別々に感知する4種類の錐体細胞がありました。

生活する環境の違いによって、色の識別を処理する仕組みが変化し、長い進化を経て、人間や猿などの霊長類は、3色型色覚(赤・緑・青の3原色)で色を見分けるようになりました。

犬などの哺乳類は2色型色覚(赤・青の二原色)、

鳥や昆虫は4色型色覚を持つものが多く、赤・緑・青以外に、人間には見えない紫外線を見分けることが可能なのです。

では、実際の動物たちにはどんな見え方をしているのか、ちょっとまとめてみました。

動物たちの知られざる世界をのぞいてみましょう!

牛、馬

モノクロに近い見え方です。馬は黄色を最も識別できて次に緑となりますが、青と赤は識別できないこともあるようです。

また、馬の視界はとても広く、パノラマのようにくっきりはっきり見えているそうです。でも、目と目が離れてついているので、中央の部分は死角になってしまって見えなくなっているみたいです。歩きながら何度も下を見るのはそのせいだとか。

ニホンザル、チンパンジー、ゴリラは、ほとんど人間と同じで高度な色覚があります。色に関しては、種族によって見え方に違いがあるそうで、オスに色弱や色盲が多くみられるそうです。

犬、猫

犬と猫は両方とも強い視覚を持っていません。嗅覚や聴覚が非常に優れているからそんなに見えなくても困らないからだそうです。

特に、猫は弱視で、色を判断することはできないそうです。赤をはっきり識別することはできず、茶色、黄色、青は認識できると考えられています。

視力は弱くても夜間視力は人間よりも優れているので、暗いところでは人間よりちゃんと見えています。人間の6分の1程度の光量でも、物を見分けることができるのです。

犬は赤緑色盲です。ヒトが赤・緑・青の三色の光を感受することができるのに対し、犬は2つの光波長429~435nm(紫青)と555nm(黄緑)周辺しか感受できなくて、この色の組み合わせの中でも緑と黄緑、黄色、オレンジ、赤の色合いを区別することができないといいます。

金魚、めだか、鯉は、特に優れていて、鯉は人と同じ錐体(色を感じる機能)を持っています。

鳥類は明るいところでの視覚が人間より格段に優れているといわれています。いわゆる視力も、鳥類のほうが格段に優れています。

鳥類の場合、赤、緑、青の他に人間には見えない紫外線を感知する器官も持っていて、人間とは別の世界を見ているともいわれています。

種類によって見え方が違いますが、色彩のきれいな雄を持つ鳥類も雌が色の識別ができるからといわれています。

その中でも、ハトは20色を識別でき、地球上のどんな動物よりも色検知能力に優れているそうです。

昆虫

ほとんどの昆虫は複眼を持ち、30000ものレンズがついています。
これにより識別に優れ、人に見えない紫外線も見ることができます。

しかし赤外線に近い色は識別はできません。夜、紫外線を発した電燈へ昆虫等が集まるのは、このためなのです。

蛇には2組の目があって、1組はほかの生物と同様にレンズのようなものがあります。もう1組は、熱を感知する視力穴というものがついているのだそうです。これにより、サーモグラフィーみたいに温度で物体を判断するのだそうです。

だから、暗闇で周囲よりも体温の高い熱を持つ獲物(ねずみやうさぎなど)に反応することができるそうです。

動物たちの世界、とても神秘ですね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色の豆知識
タグ:, , ,

今なら、半額で受けられます!

今なら、半額で受けられます! 当ホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。
只今、「マジカルベースカラー診断」、「センセーションカラーセラピー」、「マジカルパーソナルカラー診断」3つのサービスともに、通常の半額にてお受け頂けます。今すぐこのプレゼントをお受け取りください!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

パーソナルカラーはどうして日本人に必要なのか?
パーソナルカラーはどうして日本人に必要なのか?

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 インストラクター向けのパーソナルカラーアナリスト養成講座のなかで、そもそもカラーアナリストって何をする人なのか、カラーアナリスト …

オリンピックの五輪のカラーに込められている思いとは?
オリンピックの五輪のカラーに込められている思いとは?

2020年は東京オリンピックですね! 東京オリンピックのロゴに関して色々な問題が報道されましたが、せっかく我が日本で開催するオリンピックです。無事に、盛大に、開催されることを願ってやみません。 ところで、オリンピックとい …

カラフルで五感すべてに訴える、明治「ザ・チョコレート」
カラフルで五感すべてに訴える、明治「ザ・チョコレート」

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋・・・と、いろいろな秋をお楽しみいただいているかと思いますが、「芸術」と「食欲」をからめた商品の …

「あなたはあなた色で美しい」を伝えたい
「あなたはあなた色で美しい」を伝えたい

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 23・24日の2日間は、CLE協会インストラクター養成講座の後半戦でした。3月の前半戦から8人の受講生たちがそれぞれオリジナル講 …

養成講座2日目は色にいっぱい触れ、疑惑も判明!
養成講座2日目は色にいっぱい触れ、疑惑も判明!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 昨日は、インストラクター向けパーソナルカラーアナリスト養成講座の二日目でした。昨日も中身が濃い一日で、帰ってからは何もできない状 …

【色彩に関するニュース】色彩のみからなる商標の登録認定♪
【色彩に関するニュース】色彩のみからなる商標の登録認定♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 3月のはじめに、「色彩」に関するニュースがありました♪ 特許庁より輪郭のない「色彩のみからなる商標」として登録を認める判断(登録 …

ボールの色だけで、どちらが重いボールかわかるかな?
ボールの色だけで、どちらが重いボールかわかるかな?

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今朝起きたら、雪で真っ白でした。朝にはすでに雨にかわっていましたが、雪の中を歩くのがたいへんでした。 いつもよりも時間がかかったりして大変だった人もいるのではないでしょう …

カラー診断でお客様に「感動」を持ち帰ってもらうとは何か
カラー診断でお客様に「感動」を持ち帰ってもらうとは何か

こんにちは。NPO法人 色彩生涯教育協会(CLE協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 本日の午後は、パーソナルカラー診断をさせていただきました。 今回のお客様、U様は、ブライダルの司会や人形劇をされたり脚本を書い …

自然そのものの「色」を楽しめる「おやさいクレヨン」
自然そのものの「色」を楽しめる「おやさいクレヨン」

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 私は文房具店などで画材をただ見たりするのが好きだったりします。いろいろな色のペンが並んでいたり、色鉛筆のセットとかを見たり、形は …

「今日は何色?」 色をテーマにした企業CM
「今日は何色?」 色をテーマにした企業CM

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 今日は企業CMのご紹介をさせてくださいね。印刷インキや有機顔料などの世界トップ企業であるDIC株式会社は、10月の初めころから女 …