人間の色の見え方、動物の色の見え方、同じ?違う?

近藤智美公式ブログ・人間の色の見え方、動物の色の見え方、同じ?違う?

あなたは動物が好きですか?
動物を飼って一緒に過ごしている方もいらっしゃいますよね。

私達が見ている風景や色は、動物にはどのように見えているのでしょうか?
ほとんどの動物は色覚を持ち、色を識別することがわかっています。

生物の目には本来、「赤」「緑」「青」「紫外線」を別々に感知する4種類の錐体細胞がありました。

生活する環境の違いによって、色の識別を処理する仕組みが変化し、長い進化を経て、人間や猿などの霊長類は、3色型色覚(赤・緑・青の3原色)で色を見分けるようになりました。

犬などの哺乳類は2色型色覚(赤・青の二原色)、

鳥や昆虫は4色型色覚を持つものが多く、赤・緑・青以外に、人間には見えない紫外線を見分けることが可能なのです。

では、実際の動物たちにはどんな見え方をしているのか、ちょっとまとめてみました。

動物たちの知られざる世界をのぞいてみましょう!

牛、馬

モノクロに近い見え方です。馬は黄色を最も識別できて次に緑となりますが、青と赤は識別できないこともあるようです。

また、馬の視界はとても広く、パノラマのようにくっきりはっきり見えているそうです。でも、目と目が離れてついているので、中央の部分は死角になってしまって見えなくなっているみたいです。歩きながら何度も下を見るのはそのせいだとか。

ニホンザル、チンパンジー、ゴリラは、ほとんど人間と同じで高度な色覚があります。色に関しては、種族によって見え方に違いがあるそうで、オスに色弱や色盲が多くみられるそうです。

犬、猫

犬と猫は両方とも強い視覚を持っていません。嗅覚や聴覚が非常に優れているからそんなに見えなくても困らないからだそうです。

特に、猫は弱視で、色を判断することはできないそうです。赤をはっきり識別することはできず、茶色、黄色、青は認識できると考えられています。

視力は弱くても夜間視力は人間よりも優れているので、暗いところでは人間よりちゃんと見えています。人間の6分の1程度の光量でも、物を見分けることができるのです。

犬は赤緑色盲です。ヒトが赤・緑・青の三色の光を感受することができるのに対し、犬は2つの光波長429~435nm(紫青)と555nm(黄緑)周辺しか感受できなくて、この色の組み合わせの中でも緑と黄緑、黄色、オレンジ、赤の色合いを区別することができないといいます。

金魚、めだか、鯉は、特に優れていて、鯉は人と同じ錐体(色を感じる機能)を持っています。

鳥類は明るいところでの視覚が人間より格段に優れているといわれています。いわゆる視力も、鳥類のほうが格段に優れています。

鳥類の場合、赤、緑、青の他に人間には見えない紫外線を感知する器官も持っていて、人間とは別の世界を見ているともいわれています。

種類によって見え方が違いますが、色彩のきれいな雄を持つ鳥類も雌が色の識別ができるからといわれています。

その中でも、ハトは20色を識別でき、地球上のどんな動物よりも色検知能力に優れているそうです。

昆虫

ほとんどの昆虫は複眼を持ち、30000ものレンズがついています。
これにより識別に優れ、人に見えない紫外線も見ることができます。

しかし赤外線に近い色は識別はできません。夜、紫外線を発した電燈へ昆虫等が集まるのは、このためなのです。

蛇には2組の目があって、1組はほかの生物と同様にレンズのようなものがあります。もう1組は、熱を感知する視力穴というものがついているのだそうです。これにより、サーモグラフィーみたいに温度で物体を判断するのだそうです。

だから、暗闇で周囲よりも体温の高い熱を持つ獲物(ねずみやうさぎなど)に反応することができるそうです。

動物たちの世界、とても神秘ですね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色の豆知識
タグ:, , ,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

「ピンクの波長」が「女性のキレイ」を刺激する
「ピンクの波長」が「女性のキレイ」を刺激する

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 日に日にあたたかくなってきて、桜も咲き始め、春らしい光景をあちこちで見掛けるようになりました。装いも、ピンク色のお洋服や靴、バッ …

チョコも1色じゃつまらない!カラフルチョコを食べてみた。
チョコも1色じゃつまらない!カラフルチョコを食べてみた。

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 「カラフル」という言葉を聞くと、楽しくなりませんか? いろいろな色があって、にぎやかなイメージがあります。 たとえば色鉛筆。 ケースを開けると、いろいろな色があるだけで、 …

2016年の開運カラーを使って運を引き寄せましょう☆
2016年の開運カラーを使って運を引き寄せましょう☆

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今日から仕事はじめという方もいらっしゃるのでしょうか。 今日は新年はじめのブログですから、2016年の開運カラーからお伝えしていきます。 私はいつも李家幽竹さんの風水を参 …

新製品を世に出すためには、大胆なカラーパッケージ戦略で!
新製品を世に出すためには、大胆なカラーパッケージ戦略で!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 もうすぐ3月11日ですね。我が家でも非常袋の見直しをしました。使うことがなくてよかったことを感謝し、次への備えをします。「備え」 …

彼にプレゼントするネクタイの色はこれで決まり!
彼にプレゼントするネクタイの色はこれで決まり!

こんにちは。 マジカルカラーリストの近藤智美です。 前回のブログで 「ネクタイの「色」で目的をGetする!」 を書いたところ、さっそくご質問を受けました。 「彼にネクタイをプレゼントしたいのですが、色はどうやって決めたら …

「君は天然色」作詞家の色にまつわるエピソードとは・・・
「君は天然色」作詞家の色にまつわるエピソードとは・・・

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 今日は色にまつわる、あるエピソードをご紹介します。ちょっと切ない気持ちになりますが・・・。 人というのは、体験したことが「色」と …

和食をいただきながら日本の「色」を感じる
和食をいただきながら日本の「色」を感じる

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 先日、「今更、聞けない和食のマナー講座」を受講しました。風情があって大好きな神楽坂にある「瓢箪坂 おいしんぼ」様にて、ランチをい …

「好きな色」なのに、おとなしくさみしげに見えていたのは・・・
「好きな色」なのに、おとなしくさみしげに見えていたのは・・・

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 先日の「アンチエイジング・カラーセミナー」終了後、ご希望のありました3名様に対してパーソナルカラー診断をさせていただきました。 お写真NGの方ばかりだったのが残念ですが、 …

ブルー・イエロー勢ぞろいでアシスタントしてきました♪
ブルー・イエロー勢ぞろいでアシスタントしてきました♪

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 いきなりですが、写真は私がカラー診断されている様子ですが・・・。これは、私のカラーの先生でもあります木村碧先生のもとで、パーソナルカラー&骨格診断のアシスタントに行ってま …

コーヒーチェーン店によって、コンセプトが違えば色も違う!
コーヒーチェーン店によって、コンセプトが違えば色も違う!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今日の午後は、PCでの資料作成に集中したくて、ドトールコーヒーにパソコンを持ち込みました。家から近くのドトールコーヒーは、各テーブルごとに電源があるので、安心してPCが使 …