どうして色が見えるのか

近藤智美公式ブログ・どうして色が見えるのかこんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。

色は当たり前のように、まわりにあります。どうして私たちの暮らしのいたるところにあるのでしょうか。

大脳新皮質(言語機能や分析的思考をつかさどる脳の部位)の活動は、その8割が目を通して行われます。外から得られる膨大な量の情報は、大半が視覚的なものですよね。

昔の人は、「百聞は一見にしかず」なんていって、素晴らしい表現力です。

そして、私たちが目で見るものにはすべて、色がついています。

色のことを勉強しはじめたときに、先生が、「世の中がすべて赤色だったら、赤色のことはわからない。青色や黄色があるから、それが赤色だってわかるのですよ」と言われ、すごく納得したことを覚えています。

視覚ではどのように処理されているのでしょうか。

私たちは太陽の光がふりそそぐ惑星で暮らしています。この陽光があるために、長い歳月をかけて少しずつ「色」を見る力を発達させてきました。何百年ものあいだ、「色」は地球で生きるものの案内図の役割を果たしてきたのです。世界が色分けされているからこそ、生物はどれを食べたらよいか、何を警戒すべきか、どのように行動すべきか、そして、心動かされるものを識別できるのです。

「色」は私たちの行動の、ほぼすべてに影響しているといっていいのではないでしょうか。

そして、光の波長は、目が「色」として感じて初めて存在します。

脳と目がなければ、「色」を感じることはありません。光は電磁波の一種で、もともと無色です。目が光を感じ、脳がその波長の違いを「色」として認識するのです。

私たちをとりまく何かを見ると、光が目の瞳孔を、つぎに水晶体を通過して、網膜に像が投影され、光受容器が光のさまざまな波長を感じます。この光受容器が、「色とりどりの色」を見るポイントとなります。

「色」は、光の「波」としての性質から出てくる現象の一つです。
「色」が違って見えるのは、「波長 λ(ラムダと読みます。)」といううものが関係しています。この波長の長さによって、その光の持つエネルギーが違ってきます。この光の持つエネルギーが違うことによって、「その光の色」が違ってくることになります。

電磁波とは、波長の長いほうから、電波・赤外線・可視光線・紫外線・X線・γ(ガンマ)線があります。私たちがみているのは、この可視光線の波長だけで、ほんのわずかなのです。

可視光は波長が長くなるにしたがって、紫→青→緑→黄→オレンジ→赤と徐々に変化していきます。

ほとんどの物の色は太陽の光や蛍光灯の光を反射して、その反射された光を私たちが見て、それをその物の「色」として認識しています。

たとえば、太陽から出た光が赤いりんごに当たります。このりんごに当たった光は、りんごによって、ある特定の波長の光は反射されるのですが、ほかの波長の光はりんごに吸収されてしまいます。

それで、その反射された光を私たちが見ると、「このりんごは赤だ!」と感じるのです。
これはすべての物に言うことができます。緑の葉っぱは緑の色の光を反射していますし、青い海は青い光を反射し、赤いトマトは赤い光を反射しているのです。身の回りにあって自分で光っていないものすべて、その物が反射した光を私たちは見ているのです。

実は、「その物が色を持っているのではなくて、その物はある色を強く反射していて、その色が見えている。」ということです。「それでは、本当のリンゴの色って何色なの?」って思えてきますが、よくわからなくなってしまいますね(笑)。

このような仕組みで、私たちは「色」を感じ取っているのです。

私はマジカルカラーリストとして、「色」に関する情報発信をいっぱいしていきたいと思っています。

それを読んでいただくことによって、「色」のマジカルさを感じて、興味を持っていただけたら、うれしいなぁと思います。

参考文献
ジョアン・エクスタット/アリエル・エクスタット:著 赤尾秀子:訳
「世界で一番美しい色彩図鑑」創元社


最後までお読み頂きありがとうございます!
読んだよ!見たよ!の「タップ・クリック」が
とても励みになります♪感謝です。

▼ ▼
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: マジカルカラーリスト近藤智美 公式ブログ, 色の豆知識
タグ:,

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

「もう」と「まだ」で年齢差がはっきり開くことが判明!
「もう」と「まだ」で年齢差がはっきり開くことが判明!

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 今日は驚きのリリースを見つけたので、みなさまにさっそくご報告をします。 女性の肌を研究しているある会社が、自分の年齢をどう受け止めているかという「年齢意識」に注目した調査 …

チョコも1色じゃつまらない!カラフルチョコを食べてみた。
チョコも1色じゃつまらない!カラフルチョコを食べてみた。

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 「カラフル」という言葉を聞くと、楽しくなりませんか? いろいろな色があって、にぎやかなイメージがあります。 たとえば色鉛筆。 ケースを開けると、いろいろな色があるだけで、 …

「なに色が似合う?」と言う人ほどカラー診断を知ってほしい♪
「なに色が似合う?」と言う人ほどカラー診断を知ってほしい♪

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 カラー診断の話題のときに、「ねぇねぇ、私はなに色?」と聞かれることがあります。その方は自分のベストカラーに興味があるということで …

ゴールドとはちがった「シルバー」の魅力とは
ゴールドとはちがった「シルバー」の魅力とは

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 昨日のブログで、ゴールドを使ったパッケージのことに触れ、ゴールドの色のもつイメージなどについて書いたので、それと対になる色についても書こうと思います。 ゴールドの対といえ …

「似合う色」と「好きな色」が違う場合の対処法
「似合う色」と「好きな色」が違う場合の対処法

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 カラー診断の場での「あるある」なのですが、お客様が「こっちの色のほうが好き。でも、似合うのは違うんだ~」と言いながら、表情がどこ …

文化の日だから考えよう。「淡紫色」の意味
文化の日だから考えよう。「淡紫色」の意味

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 ハロウィンが終わって、11月に入り、なんだか一気に「年末まで2ヶ月!」というのがクローズアップされているように感じます。 今日は雨も降り、すごく寒い一日でしたね。 「文化 …

ピンク色診断のライブ体験!ピンクって・・・深すぎ!
ピンク色診断のライブ体験!ピンクって・・・深すぎ!

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 CLE感謝祭の楽しみのひとつでもあった,会長の高田裕子先生によるピンク色診断ライブ! 裕子先生が、これまでの診断により蓄積された …

色の話をしていると自然に笑顔があふれてる☆
色の話をしていると自然に笑顔があふれてる☆

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 いよいよ10月になりました。今年もあと少しです。 1日(土)は、埼玉県戸田市役所にて、「とだ50祭(さい)」に行ってきました。 …

「下着にも色って関係ありますか?」って聞かれましたが・・・
「下着にも色って関係ありますか?」って聞かれましたが・・・

こんにちは。マジカルカラーリストの近藤智美です。 カラーリストをしています、というと、「私の合う色って何?」など色についてのご質問を多く受けます。 先日、下着の色についてご相談を受けました。下着は男女問わず使うものですか …

CLE感謝祭③ 「インプット」と「アウトプット」の法則
CLE感謝祭③ 「インプット」と「アウトプット」の法則

こんにちは。NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)のマジカルカラーリスト、近藤智美です。 本日も感謝祭の内容を書きます。だから、③! でも、でも・・・なのです。何も見ないで書きたいことを書いていたときから、今日くらいに …